« 櫻 と 山吹 | トップページ | ケヤキの独り言 »

山笑う

Yamawarau_1

最近 テレビで知ったのですが、俳句の春の季語に「山笑う」と言う言葉があるそうです。

山々の木々に新芽が吹き出て、こんもりしてきた様子を言うのだそうです。短い言葉に、春の山の情景が凝縮されていて すばらしい言葉ですね。

今まで何気なく見ていた 山の芽吹きも「山笑う」に思えて来るから不思議です。

Yamawarau

20060414yamawarau

3枚の山笑う ? 笑ってる? 
写真はイマイチですが・・・記念に。

~*~*~*~*~*~

同じく春の季語の「花筏」(はないかだ)

散った桜の花びらが水面に 浮かび帯状に流れるさまを「筏」に 見立てたと言うことです。

下の写真はチョット風情に欠けますが、水面が桜の花びらで埋め尽くされています。
この花びらが帯状になって流れていると  花筏 。

Hanaikada

メモ代わりの一枚です。写真がイマイチで <m(__)m>

(この写真はクリックしても大きくなりません。)

忘れてましたが、日曜日(4/9)に ツバメが飛んでいるのを見ました。

もう渡って来ているのですね。

|

« 櫻 と 山吹 | トップページ | ケヤキの独り言 »

自然」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
今日は、何だか花冷えの一日でした。日本語は、綺麗ですよね。あるテレビ番組で、日本語が大変って言うのがあったような気がします。

ツバメ家の方でも何日か、前から飛んでいます。それに、モンキチョウと言うのでしょうか、小さな黄色の蝶を見ました。

山笑う忘れないでおきます、有難う

投稿: ふくろうおばさん | 2006年4月14日 (金) 18:03

「山笑う」ウンウン!
いろいろな色の新芽が芽吹き、花が咲き出したようにふわぁ~と大きくなったような感じしますよネ
私の体もこんもりしてきたので、笑ってます(^^ゞ違うか!
「花筏」この言葉もいいですねぇ~メモしておこう~♪
ツバメですか? そうか、そんな時期ですネ
まだ見てないけど、お天気良くないから低く飛んでるのでしょうか・・・

投稿: orenge | 2006年4月14日 (金) 18:06

zuccaさん、こんばんは。
『山笑う』、うんうん!
そんな感じですよね! 
ほんと、ふわぁ~・・・って感じですよね。
芽吹きが始まると、山に立体感がでるようです。
いよいよ山々も活動開始ですね~。
 花筏、素敵な言葉ですね、花びらも最後まで
愛でてもらって・・・(^-^)

投稿: ぴよ | 2006年4月14日 (金) 19:19

ふくろうおばさん、こんばんは~。
きょうはチョッと冷えましたね。
日本語には美しい表現沢山ありますよね。
最近は「日本語が大変」分るような気もします。
私も美しい日本語を使うように心がけなくては・・・。

ツバメ 今日も見かけました~。随分早くからやってくるんですね。
私も アゲハチョウ見ました。
タンポポにチューリップに・・・春の花満開ですものね。ちょうちょも大忙しかもしれませんね。

投稿: zucca | 2006年4月14日 (金) 21:20

Orengeさん、こんばんは~。
「山笑う」的確な表現ですよね~。
意味を聞いて 私も「ウンウン、なるほど」と。
そして私のからだも同じ・・・(爆笑) 

花筏 も素敵ですよね。花筏に何を浮かべましょう。
きっと 季語には沢山の美しい言葉があるのでしょうね。
ツバメは そちらはまだのようですが、今日も4~5羽飛んでいるのを見ました。
これからツバメの子育てで あちこちのブログがまた賑わう事でしょうね。楽しみ。

投稿: zucca | 2006年4月14日 (金) 21:25

ぴよさん、こんばんは~。
山笑う・・・いい言葉ですね。ぴったりの表現です。
芽吹きの感じが良く出ています。
「ウンウン!そうそう」と言ってしまいそう。 
芽吹きのこの時期 山がこんもりしてきて、「ふわぁ~・・・」となりますね。
新緑も色が微妙に違ってグラデーションになっていたりして・・・。

花筏 花びらも最後まで愛でてもらって・・・ぴよさんのおっしゃる通りですね、桜に対する思いが、伝わってきますね~。

投稿: zucca | 2006年4月14日 (金) 21:27

こんばんは、今日は冷えますね。
写真の山が笑ってますよ。そのうち大笑いする?様に緑が濃くなって嬉しい季節ですね。
花筏も、素敵ですね。近所のホテルのランチメニューにもありますなんて食欲の方に行ってはいけませんね。
それと、木の葉の上にお花が付いてる花筏っていう名の花もありますね。一度見たことがあるのですがミズキ科の花だそうで、また見てみたいお花です。
本当に日本語は奥が深いですね。

もうツバメが飛んでるのですか?早いですね。
こちらはまだのようです。

投稿: シマのママ | 2006年4月14日 (金) 21:46

zuccaさん、こんばんは
もしかして、NHK? わたしも見ましたよ~^^
あの番組のちょうど前日に、新聞に花筏の写真が載っていました。
ソメイヨシノはそろそろ終わりですね。
私は葉桜の時期が結構好きです。
若芽の緑、ひらひら舞う花びら、そして花びらの絨毯・・・
雨の中帰ってきた息子の靴に花びらが2,3枚ついていたりすると、ちょっとうれしくなったりします^^
燕は1週間ほど前、土浦市で姿を見ました。
最近の住宅の外壁は、燕にとってあまりありがたくないものだそうで、
新興住宅街ではあまりツバメが巣をかけないそうです。
子供のころから、ツバメの巣がある家って憧れだったのですが・・・

投稿: kyara-mama | 2006年4月14日 (金) 22:18

zuccaさん。もう、山笑う写真に満足!満足!
みなさんのコメにも満足というわけで、付け足す
ことばはありませんです。花筏は広~い葉の上に
チョボンと雨蛙縮小版が乗ってるみたいな風情で
とてもポエチックです。

投稿: nekozizou | 2006年4月15日 (土) 11:45

シマのママさん、こんにちは。
昨日と違って、きょうは陽射しもあって気持ちよいお天気です。
きょうも山笑っています。日に日に 笑い方が違ってきていますので、大笑いの日もそう遠くないかもしれませんね。
植物の花筏を、今 図鑑で見てみました。
葉の上に花をつける不思議な植物ですね。
一度見てみたいな~。教えて下さって有り難うございます。
ホテルのランチメニューの「花筏」は、春の味覚いっぱいのランチなのかしら?ちょっと食べてみたいですねって、私も食い気に走ってしまうな~。
ツバメはこちらのほうは、こんなに早くに来るんですね、私もビックリです。

投稿: zucca | 2006年4月15日 (土) 13:33

Kyara-mamaさん、こんにちは。
NHK・・・ピンポ~ンです。素敵な言葉だな~と思って、頭の中にインプットです。
ソメイヨシノ、花は終わりましたが、葉桜 私も好きです。我が子の小さな?靴に花びら・・・それを見てにこっとするお母さん・・・ほのぼのとしたいい情景ですね。花びらと言えば 花びらをつけたまま走っているクルマを見かけると、なんか ほほえましい感じがします。
ツバメは 最近住宅難なのだそうです。
住宅の外壁が巣づくりに適さないすべすべしたのが多いから、巣を作っても重さに耐え切れずに落ちてしまうらしいのです。
ツバメは益鳥ですから、足場になるような土台を作ってあげるお家が増えるといいのですけれどね。

投稿: zucca | 2006年4月15日 (土) 13:36

nekozizouさん、こんにちは。
俳句には詳しくないのですが、
「山笑う」のイメージはこんな感じかと思いまして・・・。
植物の花筏 私も先ほど図鑑で見て、面白い木だな~と感心しきりでした。
葉にじかに花をつけるのですね、一度見たいものです。

投稿: zucca | 2006年4月15日 (土) 13:39

日本語って本当に美しいですね。
「山笑う」「花筏」どちらも春を感じます。
そしてzuccaさんのお山の写真もとっても春らしくて素敵です。
こういう言葉を覚えると、俳句などちょっとかじってみたくなりますね。

そうそう、うちの近くにもツバメがやってきました。
毎年お向かいの玄関ポーチに巣を作りますが、今年もやってきました。
その家の玄関灯は彼らのお気に入りのようです。
巣ができると玄関に段ボールを敷いて、ご主人は毎日掃除しています。
住人が優しい人でよかったです。

投稿: misao | 2006年4月15日 (土) 14:36

misaoさん、こんばんは~。
「山笑う」「花筏」どちらも春の情景が端的に表現されていますよね。素晴らしいです。
山の写真は この時期を逃したら撮れなくなってしまうので、とりあえず近くの山を撮ってみました。
俳句には きっと もっと沢山の素晴らしい季語がびっしりあるのでしょうね。
「俳句などチョッとかじって」・・・俳句は難しそう~~、興味はありますが実際はね~、でも俳句が作れたら モノを見る目も変わってくるのでしょうね。

ツバメそちらのほうにも飛んできましたか。
お向かいに巣を作るのなら、特等席で子育て見られますね。
玄関灯はきっと電球の熱で温かいんでしょうね。
ツバメは住宅難だそうですから、巣づくりできる場所があるのは貴重な事です。

投稿: zucca | 2006年4月15日 (土) 20:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/9521446

この記事へのトラックバック一覧です: 山笑う:

« 櫻 と 山吹 | トップページ | ケヤキの独り言 »