« 小鳥の背中 2 | トップページ | カワラヒワ? »

チャイ 

chai先日お土産にいただいたインドのミルクティー「チャイ」。

パッケージがとても可愛いいです。

箱を開ける前から、スパイシーなとてもいい香りがします。

chai 中をあけてみたら、丁子やカルダモン等のいろいろなスパイスと
紅茶が入っていました。

名前は聞いた事あるけれど、チャイについてよく分らないので、
ネット検索してみました。(参考までに下記引用しました)

一般的には『Indian Milk Tea』を言うようですが、一口にチャイといっても、国によってさまざまのようです。

トルコの「チャイ」は「Chay」と書き、ミルクを加えず、煮出した紅茶をお湯で割って砂糖を加えます。
インドの「チャイ」は「Chai」と書き、ミルクを一緒に煮出します。
ネパールでは、ミルクを加えても「Chya=チャ」と呼び、
中国では、紅茶でもミルクも砂糖も加えずそのまま味わい、
         緑茶もウ-ロン茶も紅茶も「Cha=茶」と呼びます。
チベットでは「Ja=ジャ」と呼んで塩とバターとヤギの乳を加えてスープのようにして飲むようです。 
http://www.mmjp.or.jp/cante/Chai_01.html
より引用

chai_1aa

チャイの作り方は 一緒についていたレシピを参考にして
(英語なのでよく分らないけど(^^ゞ)

私は紅茶はストレートで飲むかミルクティーにして飲むのが好きなので、スパイシーな香りのチャイ(インディアンミルクティー)も・・・クセニなりそう。

美味しいお土産、アリガトウ~~~。

本文に関するコメントの受付を終了させていただきました。管理人より2006.02.17

|

« 小鳥の背中 2 | トップページ | カワラヒワ? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、チャイというのはミルクティーをスパイシーにしたような感じなのでしょうか?(勝手にイメージしてみる・・・フムフム・・・)
牛乳だけじゃなくて豆乳で作ってもいいんですね。
お水も半分入れるというのは、私が以前テレビで見た本式のロイヤルミルクティーの入れ方と同じです。
私は水を入れないで牛乳だけで煮出した紅茶を時々飲みますが、寒い夜などには最高においしいです。

それにしても世界にはいろいろな紅茶の飲み方があるんですね。
一番興味が沸いたのがチベットの飲み方です。塩やバターを入れるなんて・・・どんな味がするんだろう?

投稿: misao | 2006年2月 2日 (木) 08:08

misaoさん、おはようございます。
私もミルクティー大好きです。チャイは、スパイシーなミルクティー・・・そんな感じです。
丁子などあったら入れてみて、試してみるのも良いですね。ロイヤルミルクティーと同じ要領で作ればいいので。豆乳だとさらにヘルシーになるし、良いかもしれませんね。
世界では、いろいろな飲み方がされているのですね。チベットのバター茶はバターの脂肪できっと長い間 体が温かなのではないかと思います。
ネパールへ行った時は飲み物の注文だけは出来そうですね。毎日 チャ になってしまいますが・・・。^_^;

投稿: zucca | 2006年2月 2日 (木) 11:14

ZUCCAさん こんばんは!お邪魔しま~す
わたしはコーヒーばっかりガブガブという人なのですが、街のインド料理屋さんで出してくれる甘ぁ~いャイは大好きです。チャイを飲むためにカレーを食べるのかも。 そこで、紅茶専門店でINDIEN CHAIという粉末のスパイスミックスを買ったのですがイマイチでした。何がどの位ミックスされているのか書いてありません。
紅茶に好きなように固体のスパイスを入れるとよいのですね?お土産のような紅茶を探してみようかな~

投稿: かよさん | 2006年2月 2日 (木) 23:39

かよさん、こんにちは~。
来てくださって有り難うございます。
チャイについては、詳しくないのですが、トラックバックを頂いた「インド人に習った入れ方」のページに、詳しく書いてありましたので、そちらもご覧になって、参考になさってくださいね。
その中では、紅茶はアッサム、牛乳は乳脂肪の多く含まれるもの、砂糖は多めに・・・とありました。また、スパイスは「ガラムマサラ」で代用できるようです。
私も お土産のチャイがなくなったらガラムマサラで作ってみようかな~。その時はコーヒーフィルターで漉して、(最初はスパイス少な目から試して)みようと思います。
何度か失敗はあるかもしれませんが、かよさんも美味しいのを作って下さいね。
これからも宜しくお願いしますね~。ありがとう。

投稿: zucca | 2006年2月 3日 (金) 11:15

お茶の香りはちょっとした旅のようで心を遠くのどこかに連れていってくれます。いろいろな国のお茶を試してみたいものですね。TBありがとうございます。

そう言えば私のブログのどこかにレモングラスのお茶についても書いたことがあったような。ご興味とお暇があれば探してみてください。

投稿: orang-u | 2006年2月 3日 (金) 12:06

orang-u さん、TB有り難うございました。
お茶は 大まかに言って、紅茶 中国茶、それに日本茶 このくらいしか知りませんが、(ハーブティーもありました)沢山の種類や飲み方があるのでしょうね。
先ほど、レモングラスティーに誘われて、早速お邪魔しました。
乾燥のと生のでは全然美味しさが違うのですね。
私は育てていないので、友人のところでご馳走していただく事にします。
その時はorang-u さんの記事を友人に教えてあげたいと思います。
有り難うございました。

投稿: zucca | 2006年2月 3日 (金) 14:47

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/8094885

この記事へのトラックバック一覧です: チャイ :

» チャイ -インド人に習った煎れ方 [もんく-秘密の映画生活-日本を後に...]
インド映画を見て感動したので、その昔にインド人に習ったチャイの煎れ方を書いておきます。 用意するもの (1)茶葉:日本ではアッサムのお茶。葉が小さく丸まった粒々のお茶です。香りよりコクのある味が特徴。なぜこれを使うかと言うと煮出すからです。香りの良いダージリンでは味が薄くなるしせっかくの香りが飛んでしまってもったいないのです。チョコレートの香りが付いたものなど、いろいろあります... [続きを読む]

受信: 2006年2月 2日 (木) 23:47

» チャイ [日々思い候。]
最近はまってる飲み物がある。インドのミルクティー、「チャイ」である。 なかなか売ってないのだが、『SHANTI MASARA CHAI』というミックスパウダーのものが手軽でおいしい。 マサラ・チャイの場合、ガラムマサラというスパイスを入れるので、苦手な人もいるかもしれないが、この製品は軽いので多分抵抗無く飲めると思う。むしろ、自分でガラムマサラを加えたりするくらいだ。ただし、熱湯を注ぐだけでは薄くてあまりおいしくない。とりあえずミルクを温めて、そこに加えた方が、コクがでる。好みで砂...... [続きを読む]

受信: 2006年2月 3日 (金) 14:40

« 小鳥の背中 2 | トップページ | カワラヒワ? »