« 今宵の月 | トップページ | ナンキンハゼ »

シュトレン 生地の固さと醗酵の目安

毎年 「シュトレン」を焼いていますが、本場のを食べたことがないので、出来上がったものが果たしてこれでよいのかどうか、ずっと気になっていました。

NIFTYの料理フォーラムで見つけた シュトレンのレシピ を読んで、
ずっと気になっていたシュトレン作りのハテナ?「生地の固さと発酵の目安」が解決されたように思います。

  • 生地の固さと発酵の目安

Niftyフォーラムから引用
捏ね方で焼き上がったシュトーレンの性質がかなり異なってくる。
グルテンを出さずさっくり混ぜるなら食感が「ケーキ」に近くなり、焼き上がりもずっしりと重くなる。
逆にグルテンを出す方向でしっかり捏ねれば食感が「パン」に近くなり、膨らみも良く柔らかくなる。

  • また、ドライフルーツを漬ける時の注意点も↓

ラム酒漬けのフルーツミックスのラム酒が多いと、イーストの働きを抑えたり生地をべた付かせることがあるのでザル等で水切りをして下さい。

  • 小麦粉について 私のレシピでは 薄力粉150g、強力粉350g とありますが、
        準強力粉(フランスパン用の小麦粉)でも良いとの事。

私は「ケーキ」タイプが好きなので、あまり生地をこねすぎないように・・・今までの作り方と同じで大丈夫・・・という事がわかりました。

シュトレンレシピ NIFTY料理フォーラムのURL
http://forum.nifty.com/fcook/special1999/okasinaheya/Stollen/Stollen001.htm

今年はもう作ってしまわれた方、来年の参考にしていただけたら嬉しいです。

追記:レシピを 2007.12.19に 別館「あっとレシピ」にup しました。
http://zucca.way-nifty.com/piatti/2007/12/20071213_stolle.html

|

« 今宵の月 | トップページ | ナンキンハゼ »

料理」カテゴリの記事

コメント

zuccaさん、いよいよですね!!
こちらまでわくわくします♪

ご紹介のサイトはとてもおもしろいですね。
シュトーレンにもいろいろな種類があると言うことがわかります。
しかし、レシピも様々、売っているものの値段もピンからキリまで・・・ですね。
本場ドイツでもそれぞれの家にそれぞれの味があるそうです。
日本で言えばお味噌汁とかお漬物みたいなものかもしれませんね。

そうそう、うちのレシピでは100%強力粉なんですよ。
準強力粉と言うのがあるのですね・・・初めて知りました。
フランスパン用かぁ・・・なんだか美味しそう♪
私はまだ2年目だけど、ちょっとだけ理想の味に近づきました。
あと10年もすれば、人に自慢できるようになるかな~・・・

投稿: misao | 2005年12月 6日 (火) 22:14

zuccaさん、おはようございます。
先日、初挑戦してみました、シュトレン!
いろいろ教えていただいたのでなんとか
無事焼けて、今はちょっとねかせている
ところ・・・(^-^)ちょっとだけはじっこを
食べてみましたが、スパイシーで、感激。
いろいろありがとうございました~♪
捏ね方でも焼き上がりが違うのですね、
作るたびに発見がありそう!

投稿: ぴよ | 2005年12月 7日 (水) 07:45

misaoさん、
私は今週末か来週にならないと、シュトレンを焼く時間が取れそうもありません。早く作りた~い。
いろいろなレシピを見比べることで、作り方や考え方に幅が出るので、「これでなくてはダメ・・・」というのがなくなりますね。多少不本意でもそれはそれで良いかな~と余裕が出来ます。
misaoさんは強力粉100%で作られるとの事ですが、捏ねるのが大変ではないですか?薄力粉を混ぜたり、フランスパン用の粉を使うほうが、捏ねるのがラクですよ。オススメです。
私もワクワク・・・またあの味を楽しめるのですから・・・。早く食べたいな~~。

投稿: zucca | 2005年12月 7日 (水) 11:06

ぴよさんももう作られたんですね、みんな早いな~って、私が遅いんですね。
無事に出来てよかった~シュトレン元年ですね。
お味のほうはいかが?美味しいでしょ・・・うちは寝かせている間に、毎日一切れずついただきます。ラップしてレンジでチョット温めるとさらに美味しくいただけるので、待ってられません。
捏ね方や発酵具合などで「ケーキ風になるか、パンのようになるか」・・・どちらでも好みでよいようなので、気が楽になりました。
私もノンビリしていられません、他の材料をチェックして、そろそろ作らないといけませんね。楽しみ~。

投稿: zucca | 2005年12月 7日 (水) 11:18

misaoさんも作られて、ぴよさんも作られたのねぇ~
みなさんすごい!
私はただただ食べたい~
レシピ見てきました。じっくり時間取らないと無理みたい・・・
作ったこと無いので、余計大変そうな感じで・・・
バウンドケーキ用には、ドライフルーツ漬けてあるんですが、それを使ってもいいのよネ
クリスマスでなくてもいいかしら?今度挑戦してみますネ でも皆さんのを試食したい~♪

投稿: orenge | 2005年12月 7日 (水) 12:24

orengeさん、こんばんは。
シュトレン作りは、大変そうに見えますが、実際に作ってみると意外と簡単なんです。パンを作る時と同じ要領です。一度挑戦する価値あると思います。オススメで~す。
ドライフルーツはパウンドケーキ用で大丈夫だと思いますが、分量は 私の場合、粉が500gで ドライフルーツは470g入っています。
私は春先にも作ったことありますよ、家族のリクエストで・・・。自分たちばかりで食べてもカロリーオーバーが怖いので、お友達にもおすそ分け。とても喜ばれました。

投稿: zucca | 2005年12月 7日 (水) 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/7496971

この記事へのトラックバック一覧です: シュトレン 生地の固さと醗酵の目安:

« 今宵の月 | トップページ | ナンキンハゼ »