« 花と蝶 散歩途中で  | トップページ | なすとインゲン »

手作り化粧水

lotion 最近話題になっているメチルパラベン。「化粧品の防腐剤として使われていて、紫外線にあたると皮膚組織の老化を進める作用があることが分かった」と朝日新聞に載っていました。

そこで 友人から教えてもらった
手作り化粧水「ラベンダーウオーター」を紹介します。
テレビで紹介されていたそうです。作り方は下記の通りです。

手作りなので今話題のパラベンは入っていません。
(「8/25の記事」参照 http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/08/post_e4a1.html )

私は4年ほど前から使い続けていて、大変気に入っています。
最初は「大丈夫かな?肌にどんな影響があるのかな」と思っていましたが、心配無用でした。肌荒れもないし、(割安感があって)たっぷりと使えるので、肌も以前よりしっとりしてきたみたい。

友人は家族ぐるみで(ご主人や二人のお嬢さんも)使っていて、特にお嬢さんは「敏感肌」なので、「市販の化粧品よりも手作りコスメのほうが肌に合う」・・・とのこと。

冬の乾燥時期にはグリセリンの量を多めに加え、夏は少なめに・・・など調節可能なのが嬉しいですし、ラベンダーの香りが気分をリラックスさせてくれます。

ラベンダーウオーターの作り方 

【材料】 精製水、 グリセリン、 ラベンダー(真正)オイル(無農薬有機栽培のもの)。 

【作り方】

  • 精製水 100cc に ラベンダー(真正)オイル(lavandula angustifolia) 5滴 を加えてよく振り、一晩ねかす。(冷蔵庫で)
  • グリセリン小さじ1/4~1/2を加えてよく振る(1週間で使い切る)
  • 保存は冷蔵庫で。

精製水とグリセリンは薬局で買えます。精油は肌につけるので「無農薬有機肥料栽培した原料の精油」をお使いになる事をオススメします。 参考までに、私はサノフロール社(仏)の精油を使っております。

ラベンダーウオーターを使うにあたり、次の点を気をつけてください。

  • 使用前に必ずパッチテストを行なってください。(上腕部の内側で)
  • 香りが強すぎるようでしたら、ラベンダーの量を減らして下さい。
  • 季節により グリセリンの量を調整。夏は少なめ、冬は多めに。
  • 使い切れず余りそうなときは、ボディローションとしても使っています。
    私は冷蔵保存で2週間くらいを目安に使い切るようにしています。

間違いを見つけたら、お知らせ下さいませ。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

補足 ラベンダー(lavandula angustifolia)の精油については
        下記のホームページを参考にして下さい。
             aroma.jp-医師が監修している正しいアロマセラピーの情報サイト
                            http://www.aromajp.com/oil/lavender.htm

|

« 花と蝶 散歩途中で  | トップページ | なすとインゲン »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

ラベンダ-を永くお使いになっていて刺激が出ていないのなら多分肌に合っているのだと思いますが、ラベンダ-に過敏な人もいます。
この記事にあるようにバッチテストが大切だと思います。バッチテストの方法は簡単です。絆創膏に化粧水をつけ、腕の内側にしばらく貼って、赤みや刺激を感じなければまず大丈夫でしょう。

投稿: apinas | 2005年8月28日 (日) 01:08

今回紹介した化粧水は、私の周りでも沢山の人が使っていますが、皆さん大丈夫のようです。
個人差がありますので、使用前には必ず 肌に合うかどうか バッチテストをしていただいてから使っていただきたいと思います。
ラベンダー(真正)の精油についてはaroma.jpのHP(アドレスは本文記事内に)を参考にしていただきたいと思います。

投稿: zucca | 2005年8月28日 (日) 14:58

zuccaさん
紫外線にはUV-AとUV-B(実際にはCタイプも)あるようで、問題はBタイプでこれがDNAを傷付けるそうです。
大手の化粧品メーカーはこんな事は知っていたのでは無いでしょうかねー。
日本では防腐剤がかなり広範囲に使用されています。
勿論食品にも。
ですからzuccaさんがやって居るように手作りが一番です。

投稿: shima | 2005年8月30日 (火) 08:55

shimaさん、こんにちは~。

防腐剤と紫外線の関係が問題になっていますが、外出時は化粧しないわけにもゆきません。防衛策としては、なるべく紫外線にあたらないように気をつけること・・・くらいしかできないのですね。メーカーは一日も早くもっと安全な化粧品を提供してほしいものです。

紫外線 肌に良くないのは勿論ですが、目にも良くないんですよ。「紫外線は白内障を加速させる」と聞いたことがあります。
shimaさん 山に行かれた時や、お天気の良い日の外出時は、サングラス(UVカットのレンズ)などは必需品、白内障の予防になるんですよ。

手作り化粧水は安心して使えて、香りも良いですし、気に入ってます。
友人のご主人は、お風呂上りにボディローションとしてもお使いのようです。精油の量を減らして香りを抑えて。
精油の香りは時間がたつと消えるので、何時までも残っていませんから、男の方でも大丈夫のようです。これから乾燥肌の季節になりますが、チョットかゆみを感じたら肌への水分補給で「手作り化粧水」をパタパタと付けます・・・ラベンダーの香りには「精神をリラックス」させてくれる成分が含まれていますので、肌にも良いし、ココロにも良いような気がします。

投稿: zucca | 2005年8月30日 (火) 14:58

zuccaさん
私のコメントが二重になってしまいました。
一つは消してください。 すみません。
私が山へ行く時は、偏光サングラスとバンダナだけです。 帽子は苦手でとても暑くて被れません。 ほぼ10年、同じスタイルです。 勿論山仲間達の中にはUVカットのオイルを塗る人も居ますがそのオイルを塗ると又、暑くなって、とても使えません。
今、私が使えるような物は売っていません。
それで、帽子では無い日よけを考えていますが、何時出来るか?

投稿: shima | 2005年8月30日 (火) 22:25

shimaさん 了解しました。
取り急ぎ、コメント最初のは削除させていただきました。

今はUVカットのシャツも売っているんですよ。私はモンベル(montbel)というアウトドア用品の店で、UVカット地の長袖シャツ買いました。アウトレットにも出店しているので、手ごろなお値段で買えました。UVカットの帽子なども売っていますよ。
モンベルHPです。ちょっと覗いてみてください。
http://www.montbell.com/japanese/shop/index.html

投稿: zucca | 2005年8月30日 (火) 23:03

はじめまして、ハニブル(Naho)といいます。
少し前からアロマテラピーを趣味として
最近では自作アロマグッズを作ることにはまってます^^)
そこで、もう一度化粧水のレシピを・・・と、探していたらZuccaさんのココログに飛んできました。
近いうちにココに掲載されているレシピを参照し、化粧水を作ってみたいと思います♪


投稿: Honeyblue(ハニブル) | 2006年2月17日 (金) 20:05

ハニブルさん、ようこそ!
アロマテラピー 本もチョッピリ読んだりして、私も少しだけかじりました。(^^ゞ 
自作のアロマグッズもいいですよね~。私も香りに包まれて生活出来たらと思います。
この化粧水は作るのがとても簡単なので、気に入っています。(^^♪
ハニブルさんのお肌にも合うと良いですが・・・。
コメントありがとうございました。

投稿: zucca | 2006年2月17日 (金) 21:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/5660827

この記事へのトラックバック一覧です: 手作り化粧水:

« 花と蝶 散歩途中で  | トップページ | なすとインゲン »