« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

ゴーヤ料理 あれこれ

7/26に ゴーヤの味噌煮の記事 ↓
   ( http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/07/post_777b.html )を載せましたが、
義姉や友人から教えていただいた他のレシピ等を、参考のために追加しました。  

  1. ゴーヤ入りパスタ・・・スパゲッティに玉葱とゴーヤと卵+ベーコン・・・
                  大人の味で美味しかった!(義姉より)
  2. ゴーヤとツナのワサビマヨネーズ和え・・・ゴーヤを薄く切って良く茹で、ツナ・玉ねぎなどとワサビ入りマヨネーズであえる。
        (自家製ゴーヤを下さった友人の一押し料理)

以下は「味の素」のHP「レシピ大百科」(http://www.ajinomoto.co.jp/recipe/)より、次回作ってみようかなと思う料理を抜粋。 (ほかにもゴーヤのレシピ沢山載っています。)

  1. うなぎのかば焼きとゴーヤのオイスターソースあえ・・・うなぎのかば焼き(細切り)、ゴーヤ(薄切り→さっと茹で→氷水)、ねぎ(斜め薄切り)を(オイスターソース、ごま油、しょうゆ、粉さんしょう)で和える
  2. 豚しゃぶ肉とゴーヤの梅ドレサラダ・・・しゃぶしゃぶ用肉 、ゴーヤ玉ねぎ梅干し 2 個、かつおだし+熱湯、しょうゆ、酢、塩)
  3. ゴーヤーの肉詰め ・・・豚ひき肉、筍、ゴーヤ(ナンプラー、酒、片栗粉、ごま油、鶏がらスープ)

  保存方法 乾燥に弱いので、野菜袋等に入れて冷蔵庫保存 or
                    ぬらした新聞紙(霧吹きなどで湿らせる)に包んで
                    冷暗所で保存する・・・
                    1~2週間はもちます・・・との事

************

その他参考 
NHK「ためしてガッテン」より 「★活かす!ゴーヤー効果」
URL LINK はTopページのみとの事なので、Topページで検索してくださいね。↓
 http://www.nhk.or.jp/

追加 8/21の記事に ニガウリと豚肉のポン酢炒め 載せました。
http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/08/nigauri.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヒナ 新顔です。

夕方 台風の雨も弱まり 窓を開けて外の風にあたっていると、下のほうから賑やかな小鳥の鳴き声が聞こえてきました。

0726hinass

以前聞いたことのある ヒナ の鳴き声。

「何処どこ」と捜したところ、大きな木の枝に シジュウカラのヒナがとまっているのを見つけました。

これまで来ていた雛はもう大きくなっていますから、このヒナは2度目に孵った雛かもしれません。

親はヒナを安全な場所に隠して、餌をとりに行ったりしてるのかもしれない。けれど 上から丸見えですよ~。

そんなわけで 急いでシャッター切りました。距離もあったので、あまり鮮明には写ってませんが、頬から胸にかけて白い羽毛が綺麗、真っ白、新しいヒナです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ゴーヤ味噌煮

7/18に梅雨明けしたとはいえ、北からの冷たい空気が下りてきていて、日中でも比較的過ごしやすい日が続いていました。
本日 台風通過で、明日から暑い夏がやってきそうです。
夏バテに良いといわれるゴーヤ 何年か前に 友人から 自宅で採れたゴーヤを頂き初めて食べました。教えられたとおりに食べてみたら、思っていたほど苦くなく、我が家でも受け入れられました。
その後あまり食卓に並ぶ事はなかったのですが、この夏は既に何回かいただいています。
先日 義姉さんから教えてもらった ゴーヤ の料理作ってみたところ、とても美味しかったので備忘録にメモしておきます。

******************

 ゴーヤの味噌煮  材料:4人分 

材料: ゴーヤ2本(700g)  ちくわ1本  
調味料: ダシ半カップ、味噌 大2~3、 大1、砂糖 大1、醤油 小1・・・混ぜる。

作り方

  1. ゴーヤは縦半分に割り、スプーンでわたをすくい出す。 
    3ミリ厚さの半月切りにし、塩少々ふってもみ、しんなりしたら、水気を軽く絞る。
  2. ちくわは3ミリの厚さの輪切り。
  3. フライパンにサラダ油適量を熱し、ゴーヤを入れてさっと炒め、ちくわ調味料を加え、まぜながらゴーヤに味がしみるまで煮る。
 義姉によると「レシピは新聞に出ていたもの。
          2回目は、ちくわを豚肉に代えて作ったら、とてもよかった!」との事。
追 7/27の「ゴーヤ料理あれこれ」は→こちらからどうぞ。
 
追加 8/21の記事 に「 ニガウリと豚肉のポン酢炒め 載せました。
  手軽で美味しいです。→ こちら
     
追加 08/07/27 あっとレシピの記事 に「 ゴーヤと鶏肉のサラダ 載せました。
  レシピは → こちら 
   ( レンジ蒸しの鶏肉とゴーヤをマヨネーズのたれで、これも手軽で美味しい。9

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テントウムシ 避難中

typhoon0726

台風7号が 北上しています。
今夜にも関東地方上陸か・・・との情報です。

雲の流れも速くなっています。雨も時折激しく降ってきます。

風雨を避けるためにベランダの奥に移動させた「シコンノボタン」の葉っぱにお客さん。

テントウムシも早めの避難なのでしょうか。

(追記 写真は午前に撮影し、記事を載せたのですが、只今17時 テントウムシは まだ 葉っぱで雨宿りしています。 テントウムシって こんなにジッとしているものなの?お腹空かないの?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーブン故障(ノートPCも気をつけて)

先日 電気レンジオーブンが壊れてしまって、修理してもらいました・・・パソコンと関係ないじゃん・・・これが「大有り」なんです。

ピザを焼こうとオーブンを250℃に温めていたら、途中で電気が切れて、何度スイッチ押しても電気が入らなくなってしまいました。 ^^;  (パン作りの途中でなくて良かった。・・・あくまでもプラス志向)

メーカーのサービスの人に来てもらい、部品 1箇所 交換して、無事に直りました。

(部品代はたったの400円、技術料とか出張料とか全部で 8000円 近くの修理代となりました。
修理代としては安いほうかもしれないけれど、400円の部品交換に8000円も払わなきゃいけないって・・・
なんか 納得ゆかないな~。 技術料 取りすぎでないかい。 結局 人件費が一番高い・・・という事です。)

故障の原因は オーブンレンジの下についているファンに ほこりがたまって冷却できなくなり 温度が上がりすぎて 安全装置のようなものが働き 電気が落ちた みたいです。

(オーブンのカバーを外し解体したら、冷却ファンの吸入口の付近にホコリがいっぱい溜まっていました。早速掃除機を取り出しホコリを吸入しました。最低でも 年1回 大掃除の時に ファンのところ掃除機をかけましょう)^^;  

ノートパソコンも 冷却用ファンの吸入口にホコリがたまると、突然スイッチが切れる・・・と聞いた事があります。

ファンのついているものは 時々ほこりを取ってあげないといけないんですね。

けれど レンジの下にファンが付いていたなんて 全然知らなかった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東京・足立区で震度5強

リンク: @nifty:NEWS@nifty:東京・足立区で震度5強、関東4都県で18人けが(読売新聞).

地震のあった時 我が家では 女子サッカーをテレビ観戦中でした。(女子サッカー「なでしこジャパン」は面白いですね~)

下から突き上げるような揺れを感じ、すぐに横揺れが・・・かなり揺れました。

食器棚が倒れやしないかと慌てて押さえに。
さいわい 火などは使っていなかったので良かったけれど、天ぷら等している時だったら・・・と思うと、ぞっとしました。

親戚が震度5弱の地域に住んでいるので、電話で安否確認。
テレビの上の置物が落ちたくらいで、ほかは大丈夫との事。
でも 「揺れ」はすごかったようで、「今でも心臓がドキドキしてる」と言ってました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ローズマリー 少し早めの開花

0720rosemary

香りも花も素敵なローズマリー 
我が家に3種類の鉢があります。

このローズマリーは 下に垂れるタイプ。

鉢の土ぎわはすっきりさせておきたいので、
盆栽風に刈り込んであり、わりと気に入っています。

  

    

毎年 秋から翌年の春まで 花をつけて楽しませてくれますが、この鉢の花が もう咲き始めました。蕾も沢山ついてます。
0720rosemary2

開花時期もその年により少しは変わるでしょうけれど、今年はチョット早すぎるような気もします。

今から咲いてしまったら 途中で息切れしてしまうのではないかと少し心配になりますが、秋になったら たっぷり栄養補給してあげましょう。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

河内晩柑でマーマレード

kawachi3 以前 夏みかんでマーマレードを作りました。瓶に入れて冷凍保存し、毎日ヨーグルトに入れたりして楽しんでいたので、思いのほか早くに残り少なくなりました。

次のを作らねば・・・と思い、スーパーに行く度に 国産の柑橘類が売ってないかチェックしていましたが、この時期 輸入物しかありません。

ところが昨日 近くのスーパーで「河内晩柑」という果物を見つけました。初めて聞く名前ですが、「河内」とあるので「国産」に間違いないと思って買って帰り、本日 早速にマーマレードつくりです。(河内晩柑の果肉を少し味見しましたら、グレープフルーツのようで美味しかったです。)

材料 ・晩柑  
    ・砂糖 晩柑の60~80%(今回 グラニュー糖は 70%弱)  
    ・水 晩柑と同量

作り方は   

  1. 皮と実に分けて、皮を薄くスライス後 計量し、水を取り替えながら2~3回洗い あく抜き。3時間ほど 晩柑と同量の水 につける。
  2. 中身は房と種を除いて計量後、①につける。
  3. ペクチン液を作る。 
    種とカス(果汁を取った残りの部分)の重量の2倍の水で煮、沸騰したら 1~2分煮詰め とろみがでたら種とかすを取り除く おき、汁を漉す
  4. ①③を中火にかけ、あくをとりながら20分ほど煮、グラニュー糖を加え、少し火を強めて更に約20分加熱。シロップ程度のとろみがつくまで煮詰める。(グラニュー糖は晩柑の60~80%)

kawachi_marmalade

こんなに沢山のマーマレード出来ました。  

マーマレード大好きなんですが、作る時に加えた砂糖の分量を思い出すと、好きだからといってたっぷり食べる事はやめないと「毒」です。

今夜はカレーでしたが、瓶に入りきれなかったマーマレードを、蜂蜜の代わりにカレーに入れてみました。蜂蜜よりもマーマレードを入れたほうが美味しいような気がしました。カレーを食べていて、マーマレードの「皮」が歯に触れると、カレーの辛さとは対照的な 柑橘類の爽やかな香りが 砂糖の甘さと一緒になって口の中に広がり、一瞬「アッ」と思わせます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

7/18 梅雨明け

625hina_924ad

昨日 関東地方も梅雨明けし、本格的な夏の始まりです。

寒いよりは暑いほうが好きなのですが、これから約2ヶ月「頑張るぞっ!」と気合を入れないと、夏バテしてしまいそうです・・・とは言え「夏痩せ」しないのは何故でしょうね。

ベランダの鉢植え植物は、暑さから自分で身を守る事が出来ないので、今日から簾をかけました。

簾は見た目もそうですが、部屋の中を暑い陽射しから守ってくれて、カーテンよりも涼しい気がします。

(写真は シジュウカラの雛 あまりに愛くるしいので、本文にも登場させました。少しは暑さを忘れさせてくれるかも。

この写真は、窓に大きな紙を貼り、その紙にカメラのレンズ大の穴をあけて、撮影したものです。レンズに写る自分の姿を不思議に思ったのかもしれません。普段 窓越しには見られない仕草が撮影できました。 )

| | コメント (6) | トラックバック (1)

コムラサキ(小紫)

717komurasaki

コムラサキ(小紫) クマツヅラ科        7/17 撮影 

ベランダの片隅でコムラサキがひっそりと咲いています
秋に紫色の小さな実をつけるコムラサキ、花は優しいピンク色
コムラサキの実は メジロやヒヨドリの大好物
実の色をゆっくり愛でたくても 小鳥達は遠慮なし、お構いなし
パクパクと 美味しそうに嬉しそうに ついばんでいきます

2月頃「強剪定」をしたために新梢が4月頃から伸び始め
今頃花を咲かせました
剪定が強すぎて もうダメかと思っていたので
元気に新しい枝が成長してきて嬉しい
コムラサキ 花も 実の色も 好きです
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
9/15 「コムラサキ 色づく」 の記事載せました。↓
http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/09/post_0640.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

サッパリ!ゴボウの梅煮

本日 九州南部で 梅雨明け のニュース。

関東は「来週梅雨明け」の予想ですが、こちらは 今夜は霧がすごくて近くの街灯がぼんやりとにじんでいます。この時期の霧 めずらしいような気もしますがどうなんでしょうね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて、暑い時期には梅を使った料理 美味しいですが、友人からゴボウの梅煮 教えてもらいました。

友人いわく「母の所で食べたゴボウの梅煮 ゴボウに梅の実が絡まって、さっぱりしていて美味しかった~~~。ゴボウもとても柔らかくなっていて」

我が家でもきのう作ってみました。友人の言うとおり ゴボウの繊維が柔らかく煮えて味もさっぱりとしていて美味しかったです。 

この料理を食べてみて、「昔ながらの料理を見直す一品!」 と思いました。 手の込んだ料理を作る事で、「チャンとやっているよ」と、自分に安心感を持たせているような気がします。

素材にあまり手を加えないことで 素材の持ち味がより生きる料理になるのかもしれません・・・「 シンプル イズ ベスト」=料理の極意・人生の極意・・・チョット大げさでしたね。

umeni


ごぼうの梅煮・・・これはウチの定番メニューにしたい♪

♪ 材料は ゴボウ 2本、梅干し 3個、
       出汁 適量、  酒、みりん、醤油 各適量

♪ 作り方

  • 鍋に 出汁・ゴボウ・梅干し・酒・みりん を入れて火にかけ、煮汁が無くなるまで煮詰める。
  • 仕上に醤油少々。

※梅干しがなかったので、梅びしお 適量入れて調理しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒグラシ

semi 今日から お盆。

子供時代を過した私の田舎のお盆は 8/1から始まったので、7月のお盆はなんだかピンときません。

ところで 6時過ぎ この夏 初めて ヒグラシが鳴いているのを聞きました。(写真はブルーベリーの枝で休憩中のアブラゼミ 2004.8撮影)

遠くから カナカナカナ~~~ 涼しげな鳴き声が聞こえてきました。

鳴き声を聞きながら、幼い頃の いろんな情景を思い出しました・・・浴衣、盆踊り、蛍、線香花火、天の川等など・・・いわせていただければ「ご幼少のみぎり(?)」の夏の思い出。

ヒグラシの鳴き声 下記HPで聞く事が出来ます。鳴き声を聞いて、思い出す事は何ですか?
http://homepage2.nifty.com/saisho/Zikade.html
セミの家HPのトップページ →セミの鳴き声(日本と近隣諸国のセミ) と進んでください。

※「weblogなどで一時的リンクを張られるのは自由です。LinkはTopページから」・・・との
   事なので、LinkURL貼り直ししました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

水分補給

ブルーベリーの枝につかまって、さかさ吊りになって水を飲んでいるシジュウカラ。

よく落ちないですね~。 雛も 脚力 強くなった?

メジロは体重が 約10g、ヒヨドリは 約70gだそうです。

シジュウカラの体重はどのくらいなんでしょう。

40kara_mizunomi 40kara_mizunomi2 40kara_mizunomi3

| | コメント (8) | トラックバック (0)

復活しました。(*^。^*)

ベランダの山野草やベリー類の中で、「これは枯れてしまいそう~」とあきらめかけていた
3つの植物、ツルコケモモミヤマオダマキ そして(名前が思い出せないのですが)
一番左の写真に写っている金平糖のような花をつける野草、
無事復活してくれて ホッと しています、みんな大好きな植物なので。(*^。^*)

金平糖のような花の野草 (名前ご存知のかた、教えていただけたら嬉しいです)
   目下 花をつけているのはこの一枝だけなので、大事に増やしたいです。
konnpeitou
ツルコケモモ(クランベリー) 5/30記事の花がこれだけの実に成長し、秋には真っ赤に熟します。酸味が強いそうでジャムなどにもってこいかもしれません。でも今年実をつけたのはこれだけ。いつになったらジャムが作れる事やら・・・。 
turukokemomo
ミヤマオダマキ  こぼれ種がヒメシャクナゲの鉢から発芽。随分立派に成長しました。来春 可憐な花が見られると嬉しいな。(親はとっくに姿が消滅しています)
miyamaodamaki

| | コメント (3) | トラックバック (0)

レタスとキュウリで

kyuriretasu キャベツに続きレタスも生産過剰で廃棄処分されるものがあるとの事。せっかく栽培したものを廃棄しなくても・・・と思うのですが。

最近我が家では 友達に教えてもらった
♪ 「レタスとキュウリのゴマもみ」が度々食卓に登場します。

レタスは水分が多いので、夏の暑い時期の水分補給にもよい食材です。
冷蔵庫で冷やしてからいただくと、ひんやりと美味しい一品♪ レタスが沢山食べられま~す。

  1. キュウリは斜め薄切り、レタスは適当な大きさに切り、袋やボウルに入れ、塩 適量をふって軽く混ぜ、しばらく置く。(冷蔵庫に)
  2. しんなりしてきたら、水を軽く絞り 器に盛り、すりゴマを混ぜる。

♪ 少し多めに作って 1の状態で、冷蔵しておくと次の日も大丈夫ですし、
     サラダにも利用出来ますね。
♪ キュウリとレタスのコンビ みずみずしくて美味しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ネジバナ

mojizuri_2aネジバナ やっと開花(7/8)です。
              ( またの名を モジズリといいます。)
スミレがとても元気に葉を広げていたので、ネジバナはその陰になってしまい、成長が遅れたようです。

Nejibana

芝生や草地でよく見かけるラン科の植物で、園芸界では「小町蘭」と呼ばれており、
仲間にはヤクシマモジズリ・アメリカモジズリ があるそうです。

右の写真を拡大して花を見ると、 
シュンラン(2/21の記事)、タイリントキソウ(5/1の記事)
などラン科の花との共通点が見られますね。

植替え・株分けは 4月末と10月初め

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

misaoさん http://misao.cocolog-wbs.com/sige/2005/06/post_116b.html

ぴよさん http://iroironagomi.cocolog-nifty.com/blog/2005/07/post_0681.html

orengeさん http://orenge.tea-nifty.com/blog/2005/06/post_b62a.html

のところで「ネジバナ開花」の記事がありましたので、トラックバックさせていただきました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

タナバタ

botamochi

七月七日の願い事 

       「タナボタ」 (^_^) 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

ふき料理etc

6月8日の記事「農家直販のふきで・・・」( http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/06/post_0ba2.html )の中で「後日ふきレシピを追加の予定」と記入したのに、レシピをUP出来ないまま今日に至っています。梅雨らしいお天気の今日、ふきレシピ じっくり検索してみました。

ふきは最近食べられるようになった食材の一つ、次回料理のときのヒントになれば大助かり~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

味の素ホームページからhttp://www.ajinomoto.co.jp/recipe/  
  材料からさがす「野菜・豆・きのこ」→「ふき」で検索した37件の内から 
     簡単そうなものピックアップ しました。 

ご飯もの

  • 山菜ご飯・・・ワラビ・茹で筍・ふき(70g)・うど・鶏ささ身
  • ふきご飯・・・油揚げ・小柱・ふき(100g)・木の芽(出来上がりに散らす)・・ふきはご飯が炊き上がってから加える。
  • たけのこピラフ・・・ブロッコリー・ふき(2本)・茹で筍

ふきと魚介類

  • たけのことふきの炊き合わせ・・・ふき(200g)・筍・生たらこ
  • 身欠きにしんと細たけの煮物・・・ふき(5本)・身欠きにしん・細たけ
  • 春野菜の白味噌煮・・・ふき(1本)・茹で筍・うど・ゼンマイ・ホタテ貝柱
  • メバルとふきの煮物・・・メバル・芽ひじき・ふき(2本)・木の芽
  • ふきの煮物・・・ふき(250g)・昆布・ちりめんじゃこ
  • 盛り込み煮物・・・うど・ふき(1束)・牛蒡・人参・蓮根・干椎茸・油揚げ・卵(油揚げに入れる)・才巻海老or車海老

ふきと肉類ほか

  • 豚肉の南蛮漬け・・・豚ヒレ肉・ネギ・人参・セロリ・ふき(6本)
  • ふきと鶏つくねの煮もの・・・ふき(1本)・鶏ひき肉(+葱・生姜・卵)・木の芽
  • ふきと厚揚げの煮もの・・・ふき300g・厚揚げ・にんじん
  • 朴葉味噌焼き・・・葱・茄子・筍・ふき(1本)・八丁味噌・田舎味噌・砂糖・醤油・酒・鰹節
  • 油揚げの当座煮・・・ふき()100g・油揚げ・赤唐辛子

以上味の素ホームページより

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ふき味噌(ふきの葉で) 味噌 1/3カップ・砂糖大さじ2・みりん小さじ2・出汁
ふきの葉の佃煮 2通り
  ・出汁2カップ・醤油1/2カップ・削り節1カップ(弱火で乾煎り、最後に加える)
  ・ごま油で炒めて酒、みりん、醤油、砂糖等好みの味にして七味で仕上げます。
       …「じゃこをいれてもおいしいよ」(友人Sさんから)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お友達から教えてもらった「ふきと牛肉の炒め煮

材料

  • ふき 200g・・・塩適量で板ズリ。茹でて筋をとり4センチに切る。
  • 牛バラ肉 200g(薄切り) 醤油 大2、酒 大1、みりん 大1、 にんにくすりおろし小1/2、白すりごま小1を軽く和える
  • ししとう 5本・・・斜め切り
  • 一味唐辛子   
  • 塩、ごま油 適宜

作り方

  1. 鍋に ごま油大さじ1をひいてふきを炒め取り出す。
    鍋にごま油少々をたし、牛肉を入れて強火でサッといためる。
    ふきを戻し入れ 水1/2カップ加え、落し蓋をして弱火で2~3分煮る(時々混ぜながら)。
  2. 汁が少し残るくらいで火を止める。
  3. 器に盛り、一味唐辛子をふる。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

バナナブレッド

今日は都議選の投票日。昼過ぎに投票に出かけましたが、出口の壁に貼られていた時間別投票率の用紙には、16.5%とありました。いつもこの表を見てガッカリしています。

Bananabread

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

選挙から帰り、久しぶりに焼きました「バナナブレッド」
ほんのり甘くて美味しい。
型からはずす時いつも綺麗にはずせるかどうか緊張しますが、今回はうまく出来ました。

バナナブレッド 友人から教えていただきました。
  エンゼル型(直径18cm)の内側にサラダ油を塗っておく。
  オーブンを180℃にセットする。

材料

  • (薄力粉または強力粉 170g、BP小さじ2、塩小さじ1/2、シナモン小さじ1/2・・・ふるっておく。
  • バナナ2本(目安は300g)・・・皮をむいてつぶし、レモン汁をかける。
  • 砂糖100110g・・・ふるっておく。
  • くるみ40g(粗く刻む)
  • 卵 1個・・・割りほぐす。
  • 無塩バター 40g・・・とかして冷ます。
  • 牛乳 20~30cc・・・生地の固さの調整

作り方 

  1. ボウルに次の順に加えてゆく
    、砂糖(3回に分けて)、くるみ、バナナ、卵、バター、牛乳・・・軟らかめな生地にする。
  2. 180℃オーブンの中段で25分、170℃に下げて15分。  
      参考:「1つのボウルでできるお菓子」大原照子著

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日のシジュウカラ

40kara701 3時半ごろ シジュウカラは雛ばかり なんと 4羽の団体でお成り~~~。

それぞれ適度な間隔を保って、ブルーベリーの枝にとまるなどし、えさをついばんでいました。 

少し空腹も満たされて 遊びの時間となり、カモミールの花と戯れているシジュウカラ。050701chamomile

←食べられた後のカモミール
去年はラベンダーの枝をくちばしで挟んで折ったりもしていました。

今日から7月、一年の後半がスタートです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »