« 無残 ツバメの巣 | トップページ | コナスビ 開花 »

花畑

e_ori_fiore

今日の花畑は ノルウエーの毛糸で織った 北欧絵織物 (習作)

大きさは W 62cm H 55cm

この作品の織り始めは画面の左手。

指で縦糸を交互に掬い取って糸を渡し、フォークを使って糸を押し下げ織りあげてゆきます。

進み具合は 1時間に1センチとか2センチとか・・・完成までには時間がかかります。 

裏・表 同じ柄なので、時々 どっちが表だったか分からなくなります。

毛糸なので 汚れたら洗濯も出来るので実用的です。

額に入れて大事にする方もいらっしゃいますが、私は毛糸の暖かさを感じていたいので、額に入れずにそのまま飾っています。

追記(2015.06.17)
北欧絵織物のキットは ↓こちらのHPから

フースフリーデン
http://husfliden.ocnk.net/product-list/17

|

« 無残 ツバメの巣 | トップページ | コナスビ 開花 »

手作り」カテゴリの記事

絵織・刺繍」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

すてきですね、これ・・・
“北欧絵織物”というもの自体、はじめて聞きましたが、ぬくもりが感じられそうな感じです。

“1時間に1センチか2センチ”って気の遠くなる作業ですが、そこがまたいいのでしょう。
そのまま飾ってあったら、思わずナデナデしてしまいそう・・・

投稿: misao | 2005年6月 6日 (月) 17:55

misaoさん、コメント有難う。

北欧絵織物、素敵でしょ。マンションの味気ない壁に掛けてあると、暖かい感じがして良いです。
時々 作品をUPしてゆこうかなとも思っています(数が少ないのですぐに終わっちゃうかも)
絵織の作品も好きですが、大作だと 1時間に1センチ・・・なんとも手のかかる絵織そのものが好きなんですね。今は教室に行ってないんですが、また始めたいな~~。 

投稿: zucca | 2005年6月 6日 (月) 21:40

zuccaさん
見事なデザインですね。 ご自分でデザインしたのでしょう?
私は30年以上に渡り日本の繊維産業に係って来ました。 つまりヨーロッパの繊維機械を日本の顧客に販売する事です。 高度化し高速化してたどり着いたのが現状で、今、購入出切る繊維製品は殆ど輸入製品ですね。 例えば10-15年程前までは、まだ手触りの良い、色の発色が良く、プリントも綺麗な日本製が買えましたが、いまはどうし様も無い物ばかりです。 
ですからzuccaさんの様に自分で色や糸を選び好きな柄をデザインして自作するのが一番なんです。
ちょっと大げさな話になってしまいました。

投稿: shima41 | 2005年6月 7日 (火) 09:35

バブル崩壊以後、日本の産業は変わらざるをえなかったのでしょうね。和服や帯でさえも輸入品だったりするんですから、寂しいですよね。
さて この絵織は 残念ながらオリジナルではないんです、スミマセン。私はまだまだそこまで行ってません。こんな素敵なデザインが出来ればいいなとは思いますが、これはプロの方がデザインされたものを、織り込んだものです。
毛糸は1本で見たときと、絵織にしてまとまった形で見たときでは、色の感じが違うので、配色が難しいです。小さいのは自分で作ったりしましたが、全然うまく出来ませんでした。

投稿: zucca | 2005年6月 7日 (火) 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無残 ツバメの巣 | トップページ | コナスビ 開花 »