« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

5/31(火) ツバメ 今日も・・・

午前中 ツバメの巣 の様子を見てきました。

今日も静かに抱卵中でした。(^◇^)

巣から見えるのはシッポだけ 「チャンと卵温めているよ」と言ってる様で頼もしくさえ思えました。

シッポ 可愛かったです♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クランベリー(ツルコケモモ)

20050530_tsurukokemomo2

クランベリー(ツルコケモモ)が開花。

去年は5月中旬には咲いていましたから、

この開花も遅れています。

秋には真っ赤な実をつけますが(自家受粉)

酸味が強いので、生食には向きません。

ジャムが作れるくらい沢山収穫できるよう、

大きな株に育ててゆきたいな~。
(先は遠いです)

memo 学名:Vaccinium macrocarpon 科名:ツツジ科

  • 植替え 一年おきに 3月に行なう。
  • 肥料は 3月に
  • 株分け・挿し木 3~4月に。 用意するもの ミズゴケ・赤玉土 3号鉢
    1.株を鉢から抜き、根鉢をハサミで2~3つに切り分ける。
    (引っ張ると根を傷めるので、ハサミで切ること)
    2.分けた根の周囲にミズゴケを巻く。
    3.一回り小さい鉢に植える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベルフラワー 満開

P5230007belf小学生の姪から 誕生日にプレゼントされたベルフラワー 今年もこんなに綺麗に咲きました。とっても涼しげ です。

ベルフラワーの花は 咲いても長持ちしないので 花がら摘みが大変。

「花に恥をかかせてはいけない」 

お花の先生に言われたこの言葉を 思い出しながら、せっせとしおれた花を摘んでいます。

花がらを摘んであげると、次の蕾が膨らんできて花をつけてくれますが、そのままにしておくと蕾が伸びてこないので、花数が減ってしまうとか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

5/29(日)ツバメ抱卵中

20050529_12h00ms

これまでの ツバメの巣作りを振り返って見ましょう。

5/8 巣作り開始

5/16(9日目)巣 完成

5/26(19日目)抱卵しているらしい様子を確認(開始日は定かではない)

5/29(22日目)現在 抱卵中  
        雛が孵った様子は まだありませんでした。

26日に抱卵(らしい)を確認してから1週間くらい過ぎているのかと思っていましたが、まだ3日しか経っていなかったんですね(≧。≦)

少し気合入れ込みすぎですよ、見に行くのが待ち遠しくて・・・。

下記 HPを見ていると、雛が無事に巣立ってゆくまでには、さまざまな困難が待ち受けているようで心配になります。雛が無事に孵って巣立ってゆくのを願うばかりです。

ツバメ関連HPのURL

  • http://www.tsubame-map.jp/main9.html  ツバメのトラブルに関するQ&A
             ツバメかんさつ全国ネットワーク・・・日本野鳥の会が国土交通省の
              GIS(地理情報システム)利用定着化事業と連携して 実施しています。
  • http://www.biodic.go.jp/ 
             環境省自然環境局生物多様性センターが行なった
             「身近な生き物調査」結果報告 
  • http://www.biodic.go.jp/reports/5-4/p026.html#①ツバメ
             同上HP・・・「繁殖に失敗するのはどんな場合?」
  • http://homepage2.nifty.com/osiete/s574.htm
            「ツバメの巣の不思議」のホームページに「いろいろな質問」と「答え」
          が載っています。
  • http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20050401/mng_____thatu___000.shtml 
             東京新聞 4/1の記事です。 ツバメの巣関連の記事載っています。
  • | | コメント (0) | トラックバック (2)

    フレッシュサラダ 苺ソース

    strawberry_sauce

    昨日は 

    サッカー 対UAE戦 が 7時からあったので、

    後片付けが簡単な料理をと思い 

    Pizza(自家製で~す) と サラダ とエトセトラ。




    サラダは 「フレッシュサラダ 苺ソース
    5/19の記事 新たまねぎレシピから)

    1. サラダ用の野菜は ごく細い千切り。  
      新玉ネギ・セロリ・キュウリ・カブ・レタス・・・など生で食べられるものなら何でも有り合わせでOK。
    2. ドレッシング・・・ 酢1:レモン汁1:オリーブ油(EXバージン)2 塩・コショウ少々の割合で作ったものに、の刻んだのを混ぜる。  キウイに代えれば キウイソース となります。

    油っこいのがダメなのでオリーブオイル2というのを少し少なめにして見ました。苺の甘酸っぱさが爽やかな感じで、美味しかったです。苺はカップ1/2とありましたが、多めに入れたほうが美味しいような気がします。

    サッカーのほうは 相変わらずの決定力不足で負けてしまいましたが、W杯予選 応援しているから、ドイツへ連れて行ってね。FORZA!

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    ナルコユリ? アマドコロ?

    20050525narukoyuri

    20050525narukoyuri2_2


    うつむき加減に花をつけるので、知らぬ間に蕾も膨らみ 見頃となっていました。

    この鉢を頂いた時 名前が分からなかったので調べていたら「ナルコユリ」がまず目に入って来ました。それからず~~~っと「ナルコユリ」と信じていました。

    今回 調べてみたら、「アマドコロ」というよく似た花があることが分かりました。

    写真を見ただけでは、判別できないくらいそっくりなんですね、この花が (・。・;

    二つの花を見分けるポイントはいくつかあるようですが、次のホームページを参考にさせていただきました。

    石鎚自然写真館(http://www.morgenrot.jp/)の「ミニ花図鑑」から「ナルコユリ」

    1. 茎が丸いのが ナルコユリ、四角いのが アマドコロ。
    2. ナルコユリの花筒の基部には花柄との間に緑色の小さな膨らみがあるが、
      アマドコロにはこれが無い。

    ──────────────────────────────

    茎が丸いのか角ばっているのか、早速 茎に触って見ました。指が滑らかに廻せずつかえる感じがします。

    また2番目のポイント「緑色の小さな膨らみ」も見られないようです。

    やはりナルコユリではないのかな???永年信じていただけに、すぐには切り替えられないです。

    でも今日からは アマドコロ 。

    さて ナルコユリ と アマドコロ  管理に何か違いがあるのでしょうか?調べなくては。

      | | コメント (5) | トラックバック (3)

      5/26(木) ツバメ復活

      20050526swallow1

      20050526swallow2s

      てっきり巣を放棄したと思っていた ショッピングモールのツバメは、巣に戻っていました。

      ツバメにしてみれば「放棄なんかしてないよ、僕は毎日いたよ」と言うかもしれませんね。

      良かった、よかった。(^◇^)

      巣からは 頭チョットと、シッポの先が見えて じっとしていましたから、もしかすると抱卵中なのかな~~~。

      ツバメは一日に1個ずつ産卵し、6羽ほど孵すのだそうです。(^◇^)(^◇^)

      ※ツバメのトラブルに関するQ&A http://www.tsubame-map.jp/main9.html

      | | コメント (10) | トラックバック (1)

      姫フウロソウ

      20050524_himefuro

      花の直径は 2センチほど、

      只今 満開 です。

      今年も次々と蕾が伸びてきて 

      可憐な花を咲かせています。 

      小さいピンクの花が 緑の中で一段と 

      華 を添えてくれます。

       

      memo

    1. 春と秋に固形肥料。
    2. 日向を好み、マット状に生育。耐寒性あり。
    3. キメの粗い、排水の良い土壌を好む多年草。
    4. 株分け または 種まき でふやす。
      • | | コメント (0) | トラックバック (0)

        本日(5/23)開花 トキソウとユキノシタ

        20050523yukinoshita本日開花しました ユキノシタ と トキソウ です。

        ←ユキノシタはごく普通に見られる花ですが、あらためて見ると とても品があって 綺麗な花です。

        話はそれますが、山梨の西沢渓谷にあった西沢山荘に泊まった時の夕食メニューに、ユキノシタの葉っぱの天ぷらがあり、そのとき初めて食しましたが、モチモチ感があって、意外と美味しかったのを覚えています。

        20050523j_tokisou1119

        ←トキソウは湿原に自生する野生ランの仲間です。多年草で 日向を好みます。

        今年は花びらの先がほんの少し茶色味を帯びましたが、愛らしく綺麗な花です。

        友人は「尾瀬」で見かけたと言ってました。

        尾瀬だと開花はもうチョット遅いのでしょうか。尾瀬は夏には3回(7月と8月)行きましたが、見かけませんでしたので、6月頃咲くのでしょうか?

        タイリントキソウも綺麗でしたが、こちらのほうが山野草っぽくて私は好きです。

        後日 アルバムにも写真をのせる予定です。

        | | コメント (3) | トラックバック (1)

        5/22(日)ツバメの巣

        20050517swallow_am_4s

        20050522swallows

        卵を抱いているツバメの姿を思い描きながら、久しぶりにツバメの様子を見に出かけました。

        上の写真 左は5/17撮影    右は5/22撮影

        巣の状態は 5日たっても全く同じです。ツバメがこの巣を利用しているようには見えません。巣の下に糞も落ちていないし・・・ツバメは巣を放棄したって事でしょうか。

        巣は ショッピングモールのエレベーター上部壁に作られていて、三方向が壁で囲まれています。「なかなか良いところに巣を作ったね~~~」と感心していたんですが、夜遅くまでお店が営業していて照明が明るいので、それが良くなかったのでしょうか。

        それと 巣は エレベーターBOX の壁に作られていますので、エレベーターが上下するときの振動が壁を通して伝わってくるらしいので、その振動が良くなかったのでしょうか?

        巣を作るとき、そこまでは分からないもんね・・・照明の問題であるなら、今からお店にお願いして 巣の廻りだけでも暗くしてもらったら 果たしてツバメは戻って来てくれるんでしょうか???

        雛が孵るのを楽しみにしていたのに・・・ ザンネン!!・・・それともこれから卵を産むのでしょうか?

        ツバメの巣作りを 応援して コメントをいただいた皆さん、残念な結果になってしまいました。

        ( ; _ ; )( ; _ ; )( ; _ ; )

        どこか別の場所にもっと良い巣を作り、そこで雛をかえしてくれていれば・・・と、願っていま巣。

        | | コメント (3) | トラックバック (0)

        新玉ねぎ レシピ

        20050511onion2

        新たまねぎ 沢山届けていただきました。

        どうもありがとう。

        しかも 大きくて(約17センチ)、ビックリです。

        「新」たまねぎは 生 で食べるのが美味しいですよね。
        (と思い込んでいます)

        いつも ワンパターンの食べ方なので、生で食べるレシピ検索しました。

        味の素ホームページ(下記アドレス)から
        http://www.ajinomoto.co.jp/recipe/

        材料からさがす「野菜・豆・きのこ」→「玉ねぎ」→「春」で検索した111件の内、

        新たまねぎ なま食 レシピ (詳しくは 味の素HP)

        • かつおと新たまねぎのサラダ(かつおのたたき・新たまねぎ・黒ゴマ・しょうが)
        • さらし玉ねぎと茹で豚の土佐酢和え(玉ねぎ、豚しゃぶしゃぶ用肉、万能ねぎ)
        • 春野菜と魚貝のサラダ
           材料:
          白身魚(たいなど)、赤貝、塩。
                   うど・薄切り、セロリ・薄切り、玉ねぎ・薄切り、、貝割れ菜。
           ドレッシング:キウイ、酢、レモン汁、 オリーブオイルエクストラバージン、
                              塩、砂糖、にんにく・しぼり汁、こしょう
        • シーフードマリネサラダ
           材料:
          えび、いかの胴、ゆでたこの足、はまぐり・小 12 個、玉ねぎ、 
           マリネ液(オリーブオイル、酢、塩、こしょう、マスタード)
           飾り付け:ブラックオリーブ、ミニトマト、チャービル
        • タイのおつくり、カルパッチョイチゴドレッシング
           材料:
          刺身用たい、玉ねぎ薄切り、
                    大根・にんじん・きゅうり・・・千切り、貝割れ菜
           調味料:
          イチゴ10粒、オリーブオイル、酢、ポン酢、塩、コショウ
        • フレッシュサラダ
          写真はこちら→http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/05/post_e3a9.html
           材料:
          セロリ・うど・きゅうり・玉ねぎ・・・それぞれ千切り、薄切り。エンダイブ
           イチゴソース(いちご・オリーブオイルEX・酢・レモン汁・塩・コショウ)
           キウイソース(キウイ・オリーブオイルEX・酢・レモン汁・塩・コショウ)
        • 玉ねぎ と とこぶし の和風サラダ
           材料:
          玉ねぎ、とこぶし(小)・・・とこぶしは油いためする。
           調味料:炒め油、酒、うすくち醤油(マヨネーズ、レモン汁、かつおだし、水)
           飾りに:卵黄そぼろ、青芽じそ。
        • 新たまねぎとわかめのサラダ

        NHK「ためしてガッテン」 から 玉ねぎドレッシング
            玉ねぎは切ってから15分間放置のこと。血液サラサラ効果あり。
            (1時間放置で無くとも 15分間で同じくらいの効果有と判明・・・実験から)

            上記 HP 末尾「実習コーナー」に、ドレッシングのレシピ有り。

          • 玉ねぎ万能ドレッシング
          • クリームチーズドレッシング
          • 白味噌ドレッシング
          • 中華風ドレッシング
          • 洋風カレー味ドレッシング 

          | | コメント (8) | トラックバック (1)

          ツバメ日参から開放されて・・・

          20050518_fbread ツバメの巣も完成し、ホット一息。

          風も強かったので、外出は控え、久しぶりにパンを焼きました。

          クルミの沢山入った昔風フランスパン。前回よりも今回のほうが、よりふっくらと焼き上がりました。(*^。^*)

          パンの香りが部屋中いっぱいに広がって、なんとも幸せな気分にしてくれます。

          自分でパンを焼く楽しみの一つは この 「部屋中に広がるパンの香り」 でしょうね。

          PS.きょうは 胡桃に加えて「黒ゴマ」も入れてみましたが、ゴマの量がチョット少なすぎてゴマの風味が感じられませんでした。次回はもうチョット多めに入れても良いかもしれない。
          (参考:セサミパンの場合 粉類250gで黒ゴマ60g)

          (パンの材料と大まかなレシピはこちら http://zucca.way-nifty.com/ciao/2005/04/post_1.html

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          5/17(火)ツバメの巣

          20050517swallow_am

          巣作り 10日目。

          巣の土が乾いた色をしていて、巣の状態も昨日と同じ状態に見えます。新しくドロを追加した様子は見られません。

          ついに ツバメのマイホーム 完成・・・おめでとう、パチパチパチ!(拍手)

          巣作りの工期は 5/8(日) から 5/16(月) 9日間でした。

          ご苦労様でした、お疲れさ~ん。

          いよいよ子育てですね~~~。ツバメが警戒して卵を産まなくなるといけないので、少しの間 巣への訪問はひかえます。何日後くらいに行ったら良いでしょうね????

          (^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)

          さて、ツバメに関する下記のような問い合わせいただきました。

          質問 「巣を完成させた後、巣の中に入って卵を暖めるのはいつ頃になるのか、教えて頂けますか?」

          私は残念ながら知識不足で、この質問に答えてあげることが出来ません。

          【参考までに】 下記ホームページをご覧になってみて下さい。お探しの答えがあればよいのですが・・・。

          | | コメント (7) | トラックバック (1)

          5/16(月)ツバメの巣

          20050516swallow_pm142

          巣作り 9日目。

          昨日で完成かと思っていたら、巣 はまだ成長中でした。 

          妥協はしないのね、ウン

          (^◇^)(^◇^)

          このツバメの巣が作られている壁は、ざらざらした表面になっています。

          「滑りやすい材質の壁は巣作りに向かない」とのことですが、巣作り初日 ツバメは壁のでこぼこに爪をたててかじりつき、ドロを壁に擦り付けていました。

          壁がつるつるだと 爪をたてて留まることも出来ませんね。

          | | コメント (3) | トラックバック (2)

          ツバメの住宅難

          少し前の話ですが、

          4/1の東京新聞に 次のような 「ツバメ住宅難」 の記事が載っていました。
          http://www.tokyo-np.co.jp/00/thatu/20050401/mng_____thatu___000.shtml

          住宅難の原因には、住宅の外壁に滑りやすい建材が使われるようになり、ツバメが巣を掛けにくくなったことがあるようです。

          またツバメは 農作物や人に害を与えるガやシロアリなどを一日に数百匹捕食する・・・との事なので、住宅難でツバメが少なくなると、人の生活にも何がしかの影響が出るかもしれませんね。

          記事の中で 「住宅にツバメ用の巣台を掛けてくれる家庭を募集中」とありました。

          今から間に合うかどうか分かりませんが、詳しくは上記HPを参照下さい。 

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          「ひょう」が降ってきた!!!

          20050515hail 20050515hail_1

          きょうも ツバメの巣を見に出かけたところ、途中で雲行きが妖しくなり、雷が鳴り響いたと思ったら 雨が降り始め、その雨がすぐに雹(ひょう)に 「ひょうへん」? すごい勢いで降ってきました。

          左の写真は15:21撮影、右の写真は 1分後の15:22撮影。 雹の大きさは 5ミリ~1センチ

          写真を見比べると 雹の密度 だいぶ 違いますね。

          近くの花屋の多くの花が雹の被害にあい、花びらや葉が沢山落ちていました。

          こんな激しい雹 初めてです。

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          5/15(日)ツバメの巣

          20050515swallow_am10

          巣作り 8日目。 

          久しぶりにツバメの姿を見ることが出来ました。

          巣の右側の土が補強されているように見えました。

          もう 完成かな?(^◇^)

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          5/14 ツバメの巣

          20050514swallows

          巣作り 7日目。 

          巣は 前にせり出してきて、

          奥行きが出てきたように見えます。

          この分なら 沢山の卵が入りそう(^◇^)(^◇^)

          もう 完成ですか?

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          5/13 ツバメの巣 

          20050513_swallows

          巣作り 6日目。

          巣は 約6日間で完成との事なのですが、

          まだあと少しかかりそうですね。

          ガ・ン・バ (^◇^)

          | | コメント (3) | トラックバック (0)

          5/12 続×4 ツバメの巣

          20050512swallow_2

          巣作り 5日目。

          昨日見にきた時には、あまりはかどっていなかったので心配しましたが、取り越し苦労だったようです。

          巣作りは確実に 進んでいます。ホッ(^◇^)

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          求愛? シジュウカラ

          2005051140karass

          シジュウカラペアの給餌行動、撮影成功。

          オスがメスに餌を与える・・・年に一度この時期に見られます。
          (写真上がオス・・胸の黒い縦縞が太い)

          求愛の始まる3月頃よりメスが抱卵する時期まで、この給餌行動が見られるそうです。

          自然界もやっぱり オスが餌をあげるんですね。

          男はつらいよ・・・。

          (2005/05/11 15:47 撮影)




          網戸越しで撮影しないと、警戒してすぐに飛び立ってしまいます。
          網戸があるからこそ撮れた写真ですが、網戸を目立たなくするような画像処理テクあるんでしょうか。

          | | コメント (4) | トラックバック (0)

          5/11 続×3 ツバメの巣

          20050511swallow_1_2

          巣作り 4日目の写真です。

          見た感じでは それほど 巣作りが進展している様子はありませんが、

          巣を放棄なんてことは無いですよね。

          少し心配になりました。



          (^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)

          きょうNHKの放送で知ったのですが、

          (^◇^)ツバメの巣はおよそ6日間で出来上がるそうです。

          (^◇^)また、巣はドロと唾液とで作るとの事、小さな体で多くのドロを運ぶのは
                     大変な作業なのだろうと思います。
                     きょうで4日目、巣作りは順調なのでしょうか?

          (^◇^)巣作り場所の選定 何故 人の出入の多い軒先に巣を作るのか・・
                     巣を狙うカラスなどからの自衛のため、
                     近づきにくい人家の軒先などを選んで巣作りをするのだそうです。

          (^◇^)渡り鳥は何故 渡りをするのか・・・子育てをするために
                     餌の多い場所を求めて渡ってくるのだそうです。

          (^◇^)そして「ひな」は 卵から孵って 3週間ほどで巣立ちをするそうです。

          (^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)(^◇^)

          ※本文左サイドバーの「お気に入りサイト」に iのあるメール大賞(NTT Do Co Mo携帯メールコンテスト入賞作品発表)のせました。読むと やさしい気持ちになれます よ。

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          タツナミソウ

          20050510tatsunamisou2

          先週開花した タツナミソウ です。下から上に 次つぎに開花してゆきます。

          我が家のは 葉の裏面が赤紫色なので「シソバタツナミ」と思われます。

          花を横から見ると「花を波頭にたとえた」という名前の由来がよく分かります。 

          20050510tatsunamisous

          ←タツナミソウの写真を拡大して

          蕾を見ると、蕾のさきのほうが

          「猫の手」 みたい。

          産毛があって、丸っこくなっていて

          愛らしいですね。

          :::::::::::::::::::::::::::::::::

          memo(9/26追記)

          タツナミソウ しそ科の多年草。 日本には15種とその変種数種が自生。

          • 植付用土 赤玉土5、桐生砂3、腐葉土2。(水はけ良く)
          • 置き場所 午前中は日当たり良く風通しのよいところ。冬の強風はさける。
          • 肥料 春と秋にリン分多い液肥(1000倍液)を1~2回。
          • 植替・株分 2~3年に1度、ツバメが来る頃に行なう。

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          5/10続続 ツバメの巣

          5/10 午後のツバメの巣の進捗状況、きょうで三日目です。

          真ん中が少し盛り上がってきていて 巣の下の部分が出来つつあるのがわかります。

          細いわらのようなものを土の間に入れ込んで作っています。

          壊れにくくなりますよね。

          自然界の知恵 たいしたもんで巣。

          20050510_swallow

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          ふき味噌

          20050509_fukimiso_2

          「ふき」がお買い得だったので、茎の部分で「ふきの煮物」 を、葉の部分で 「ふき味噌」を作りました。

          ふき味噌があればご飯一膳食べられちゃう・・・というほどわが家族の大好物。

          子供の頃 ふきは苦くて繊維ばっかりで苦手な食べ物でしたから、ふき味噌も食べず嫌い。で、当然作り方もわからず、こんな感じかな・・・と作っていて、それなりに美味しかったのですが、ココログで「ふき味噌」の作り方検索したら、油で炒めずに作るレシピがあったので、今日はその作り方で調理しました。

          出来上がりは、『いつかデパートで買い求めた「ふき味噌」みたい』と、好評でした。お世辞でも嬉しい。トライして良かったです。

          作り方はこちらのココログ sigeさんの庭造り・管理人の日記 を参考にしました。

        • 重曹を入れた湯でふきのとうをサッとゆで,水にさらし、水気を絞ってみじん切りにする
        • 鍋に砂糖・味噌・みりんを溶き、火にかけ、ふきのとうを混ぜる。
        • 追:ふきの葉は 佃煮も美味しいそうです。
               また、ハイキングなどの昼食用にふき味噌のおにぎりを持参し、
                       それをお椀に入れて湯を注ぎ、「おにぎり」をくずして食べる。味噌汁の代用になる。
                       (これはNHKの番組内で 登山家の田部井淳子さんが話しておられました。)
               ふき味噌は 冷凍可です。

          レシピ追加
          ・ふき味噌  味噌 1/3カップ・砂糖大さじ2・みりん小さじ2・出汁
          ・ふきの葉の佃煮 出汁2カップ・醤油1/2カップ・削り節1カップ(弱火で乾煎り、最後に加える)

          | | コメント (9) | トラックバック (2)

          ツバメの巣 続き

          昨日 アウトレットで見つけたツバメの巣作り・・・その後の進捗状況が気になって見に行ってきました。20050509swallow

          巣は 昨日に比べると少し固まりになってきましたが、一日たってもこれだけ。

          「大変だねツバメさん」

          20050509swallow_1 20050509swallow_2

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          アウトレットの燕

          20050508_outlet

          連休最終日  OUTLET に出かけました。

          午前中でしたので、まだ人出はそれほどでもなかったのですが、面白い光景を目にしました。

          20050508_swallow

          つばめが巣作りを開始したところです。

          こんなところが見られるなんてラッキー!

          まだ巣の形を連想することも出来ない、

          ホントに巣作り第一歩。

          20050508_swallow_1

          あの小さな体で自分よりも大きな巣をつくるわけですから、感心します。

          しかも垂直のところに。

          壁につけているのは何で出来たものなんでしょう。

          マイホームが出来上がるまでに どれくらいの時間がかかるのでしょうか。


          これから 時々 のぞいてみようと思います。

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          シジュウカラ の ひな

          20050507_40kara_2 窓の外から トントントン 小気味良い音がします。

          音につられて振り向くと、シジュウカラが ブルーベリーの枝に止まって ひまわりの種を食べています。種を両足で枝に押さえて、くちばしでつつく。

          そのたびに「トントントン」と音が聞こえてきて、森の中にいるような錯覚に・・・ちょっとオーバーかな。(^^ゞ

          いつも2羽で来ていたシジュウカラ、ここしばらく 単独でやってきて、長居せずにすぐに飛び立ってゆきました。

          子育ての時期に入ってあまり長くいられないのかとおもっていましたが、最近また2羽でやってきて、この写真のように餌を渡している行動が見られます。(左上の写真は2005/05/07撮影、網戸越しのため だいぶ見づらいですね。m(__)m ゴメンナサイ )

          求愛なの?これから子育てなの?

          鳥の生態に詳しくないのでよくわかりませんが、

          20040520sijyuukarass

          去年は 一度だけ 連れでやってきたことがありました、雨がドシャ降りの日に。(右下写真はその時のもの、2004/5/20撮影)

          網戸越しに撮影したのと、他へ飛んでゆかないうちにと慌てて撮影したので、鮮明には写っていませんね。

          上にいる親鳥は 雨でびしょぬれ、おぐしが乱れております。

          下の枝にいるひなは親に餌のおねだりをして、鳴いています。とてもにぎやかです。

          雛の嘴のオレンジ色と、胸のネクタイがまだ なのが確認できます。
          生後どれくらいなんでしょう。

          今年もつれてきてくれると嬉しいけれど・・・。

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          ヒヨドリにご用心

          20050503bberry_1   20050503bberry2

          せっかく沢山咲いたブルーベリーの花を ヒヨドリ に食べられてしまいました。

          (ヒヨドリが食べる現場を目撃)

          まだ蕾のもあったんですが・・・こんなになってしまいました。

          ────────────────────────────────

          さて 連休も後半に突入しましたが、今年も連休は家でのんびり・・・なんどもえらい目にあっているので。

          これまでの連休で一番ひどかったのは 中央道 渋滞52キロ に遭遇。
          東京から松本方面へ向かっていたのですが、渋滞は延々大月まで続いていました。
          普段なら大月まで1時間半くらいで着くのに、そのときは5時間くらいかかりました。

          いつの事だったか忘れましたが・・・関越道で渋滞100キロ以上、群馬から埼玉県を通り越して東京まで渋滞 というニュースを聞いたことがありました。52キロでも大変だったのに さぞや・・・です。

          今年もだいぶ渋滞しているようですね。

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          チゴユリ

          Chigoyuri

          雑木林の林床などで見られるユリ科の野草です。

          4月中旬に開花しますが、我が家の鉢でも葉に隠れてひっそりと咲きました。(写真)

          うつむいて花が咲くので、うっかりすると見落としてしまうこともあります。ちゃんと見てあげないと・・・。花の直径は13ミリほどあります。

          20050501_chigoyuriups

          マイフォト 「花」に 
          写真のせました。

          | | コメント (0) | トラックバック (0)

          タイリントキソウ咲きました(4/29)

          20050501tokisou

          写真は 4/29開花したタイリントキソウです。(5/1撮影)
          昨年の開花は4/12でした。 

          ラン科の花ですが可憐で品があります。

          去年 沢山花をつけたせいか今年は花数が少ないです。
          一輪でも 存在感ありますね。

          自生地は台湾の高地。林床や岩場のやや明るくて湿度の充分な場所、大部分は崖のような斜面の厚く茂ったコケの中に群生しているそうです。

          自然の中で見たらどんなに感激することでしょう。自生しているところを見てみたいな。

          memo

          • 夏の暑さと冬の凍結に注意が必要。
          • 夏場は半日影。
          • 冬場はバルプが凍らないように管理をします。
          • 葉のある間 肥料(ハイポネックス1,000倍など)を月に3回ほど与えます。

          | | コメント (2) | トラックバック (0)

          « 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »