« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

ブル-ベリー花をヒヨドリに・・・

20050426Bberry ブルーベリーは今がちょうど花の時期、なのに 軸(小花葉というらしい)を残して花がなくなっています。(写真)

あらら・・・これでは実にならないですね。せめて「がく」だけでも残してくれれば、がくは「実」に育ってくれますから・・・。

さっきヒヨドリがブルーベリーの枝に止まって蜜をすっていましたが、くちばしが大きくて花を落としてしまうのでしょう。

桜の花がおわったせいか最近よくブルーベリーの枝にやってきます。

見つけたときは、そのたびに追い払っているんですが、朝は どうしたって 小鳥のほうが早起きですから、かないません。

花の落ちた小花葉を数えたところ、100 はありました。 

ヒヨドリとの攻防は毎年のことですが、今年は枝を剪定したおかげで花つきがとてもよく、収穫時期が楽しみ・・・と思っていただけに。20050426a_bberry ざんね~~~ん。

防鳥ネットをつけるか、果実用の袋をつけるか。

でも 見た目がよくないのでどっちもしたくないですし、花をとるか、団子をとるか・・・思案しながら、

さてどのくらい収穫できるかな。

※これからの管理は 5月初旬に 酸性肥料(りょうあん)を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミヤコワスレ

20050423miyakowasure2ss

ミヤコワスレ が咲きました。好きな花のひとつです。

素敵な名前がついていますが、これは

順徳天皇が佐渡に流されていたときに、庭に咲くこの花を見て

「この花を眺めていると都のことを忘れることが出来る」

と言われたことに由来するそうです。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぴよどり フリーソフト

20050422_023デスクトップ上を可愛い小鳥が鳴きながら自由に飛び回るソフト・・・朝日新聞に紹介されていたフリーソフト「ぴよどり」をインストールしてみました。 (窓の鳥~ぴよどり~)

タスクバーに「窓の鳥」アイコンが追加され、そのアイコンを右クリックして鳴き声の音量を調節したり、小鳥を巣箱に戻したり、巣箱から飛び出させたりできます。

この記事を書き込んでいる最中も ピヨピヨ チュッチュ とさえずりながら 飛び回ったり、エクスプローラーのウインドウの上部やタスクバーに止まって、羽づくろいをしたり、さまざまな動きを見せます。可愛いですね~~~。思わず 顔がほころびます。 20050422piyodori

ウインドウを表示するときは最大にせずに、上部を空けて小鳥が止まれるスペースを作ってあげるとよいですね。

小さな鳥なので、あまり邪魔にはなりません。おとなしくしてほしい時には巣箱に戻すことも出来ます。

小鳥にカーソルを近づけると興味を示し、胸のあたりをカーソルでなでてやると気持ちよさそうにします。完全に慣20050422piyodori_1れるとカーソルの上にも止まってくれるそうですが、まだ慣れてないようで、止まってくれません。

カーソルの上に止まってくれるようになりました。(4/22)

アンインストールも簡単で、ファイルを削除すれば良いようです。オススメです。

※対応ソフトが Windows2000 までしか書いてありませんが(古いソフトのため)、記者さんのXPでも問題なく動いたそうです。

ぴよどり(作者・Ken-Gomazil)

(フリーソフトは無料ですが、使用は自己責任でお願いします・・・とのこと)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昔風フランスパン

今日は一日雨でした。二十四節気のひとつ「穀雨」にあたるそうです。

こんな日は出かけられなくて時間もたっぷりあるので、パンを焼きました。このパンはNHKの番組「趣味悠々」で紹介されたものです。講師をつとめられた菊谷さんは、2002年パンのワールドカップで日本が優勝したときのメンバーのお一人との事です。

しばらく食べないと、なぜかまた食べたくなる、家族に人気の美味しいパンです。

焼き上がりの時は勿論、冷めてもパンの美味しい香りが失われることはありません。

チーズ(特に青カビタイプの)と一緒にいただくと、よりおいしいです。

生地をこねるのは 3分ほどなので、気軽に作れます。

小麦粉500gに対してドライイーストはたった2g(小さじ1/2)、しかもバターなどの油脂類は使いません。

その代わりに、発酵時間を長くとって熟成した味に・・・香りの良いパンです。。(発酵時間は一次・二次発酵 合計で約3時間半) 

【材料】   カロリーは 1個当たり 320kcal(約)20050420Fpan

  • 全粒粉・・・100g
  • フランスパン専用粉・・・400g
  • インスタント・ドライイースト・・・2g・・・材料の水少々で溶いて加える。
  • モルト・・・1g・・・材料の水少々で溶いて加える。
  • 塩・・・10g・・・材料の水少々で溶いて加える。
  • 水・・・370~380g・・・水温15~25℃
  • くるみ・・・175g・・・ローストしたものor低温でからやきしたものを粗く刻んで使う。
         (くるみは頭の働きを良くし、疲れを取るビタミンB1や、
          脳・血管の老化を防ぐといわれるビタミンEが多く含まれ、
          古くから老化防止、強精食材とされている。抗酸化栄養素が多い。)

【作り方】

  1. くるみ以外の材料を混ぜ、3分間 こねる。
    生地のこね上げ温度は23~24℃がよい。
         
  2. Fpane_4

  3. 生地を丸めてボウルに入れ一次発酵 
    26~28℃で30分。
      
    ぬるま湯を入れたカップを置くなどして
      途中の温度管理に気を配る
     (生地が乾かないように注意する)。 
  4. パンチ ガス抜きしながら、生地を長方形にする。
  5. くるみを加える 
    くるみの2/3量を広げ 三つ折にする。
    生地を90度回転させ、合わせ目を上にして、長方形に伸ばす。残りのくるみを同じ要領で加える。
       
  6. 再び一次発酵 26~28℃でさらに120分間(写真上)
     
     醗酵は 2 と同じ要領で
       
  7. 再びパンチ ガス抜き 
    生地を横長に広げ、三つ折にし、これを縦に廻して縦長に伸ばし三つ折。
  8. S5fpane_3

  9. 再び一次発酵 26~28℃で30分間 (写真上)
    これで一次発酵は終了
      醗酵は 2 と同じ要領で
       
  10. 9等分の四角に切る。 (写真 中)
       
  11. 二次発酵 26~28℃で30~40分間。(写真 中)

      醗酵は 2 と同じ要領で

       
  12. S5fpane_2

  13. 焼成前の準備
    オーブンを250℃に予熱
    クープ用ナイフorカミソリで生地に大きく斜めに1本切り目。(写真下)
    (パンのボリュームをあげる)


    追記 
    オーブンレンジが2段タイプの場合
    予熱時に天板2枚共予熱し、予熱が完了したら 
    上段にパン生地を乗せ 
    下段の天板には 熱湯100ccを注いでから 11へ
       
  14. 霧吹きでパン生地に霧をかけ、
    250℃のオーブンの中段で25~30分間焼く
    (我が家のオーブンでは下段)
       
  15. パンを取り出して、冷ます。

参考書籍:NHK趣味悠々「自然派志向のパンづくり」

追記:醗酵温度の管理がポイントなので、慣れるまでは 温度計でチェックしながら 温度が上がり過ぎないように注意したほうが良いでしょう。

追記2:胡桃を入れないプレーンな生地でフレンチトーストを作りました。
http://zucca.way-nifty.com/piatti/2007/12/post_2bf3.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野生のラズベリー

20050418raspberry 毎年 6月に赤い実をつけてくれるラズベリー。

いまが花の時期なんですね。

実のなる頃しか知らなかったので、こんなに素敵な白い花をつけるとは思いませんでした。

野生のベリーを摘んで食べる・・・「大草原の小さな家」のお母さんや子供たちが、ブルーベリーなどを摘んでジャムを作ったり・・・憧れの世界でした。

大草原ではないけれど、街の片すみに野生のベリーが花を咲かせています。 なんか嬉しいですね。raspberry

収穫の時期になったら、今年も摘みに来よう。(右の写真は昨年6月収穫時のもの)

場所は内緒。道路の脇に咲いているので、知っている人は多いはず。時期をのがさないようにしないと、小学生たちがワーッとやってきてすぐになくなってしまうので。

met

ちなみに、昨日行った都立公園の中にも

野生のラズベリーが咲いていました。(写真左下)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

都立公園と戦車道路

都立小山内裏公園に行ってきました。

八王子市と町田市の境にある里山を整備して作られた、かなり大きな自然の中の公園です。

園内には4箇所のサンクチュアリ(特別保護区)があり、動植物の保護のためにサンクチュアリへの立ち入りは規制されていて、里山の自然が大切に守られています。

公園内の山の尾根には 立派な舗装道路が通っていて、こんな山の上にと、ちょっと以外でしたが、戦時中に戦車の性能テストや操縦訓練用として作られたと聞き、2度ビックリです。近くに戦車を作る工場があったそうです。

さくらの木も、幹が太くて立派なのが何本もありましたが、これもそのときに植えられたんだそうです。

人の手を加えていない自然が沢山残されていて、 リフレッシュできました。

metpark_ 大田切池 公園正門の近くにあるこの池は、大田川源流にあたり、「大田川が切れるところ」という意味を持っているそうです。

metpark_   戦車道路

MetPark 戦車道路のさくら


MetPark 鮎道

津久井湖で獲れた鮎を、江戸の町まで売りに行くのに通っていた事から「鮎の道」と呼ばれているそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アケビの花 

20050414akebi アケビ の 花 は 2種類あるみたいですね。

この写真で見てもよく分かりますが、濃い紫色の花と、薄い紫色の花。

この違いは、何を意味するのでしょう。

本で調べる必要がありますね。

今まで 毎年 花を見ていたはずなのに 見落としていました。

この濃い紫色の花は 果実に成長してくれそうな気がして、受粉してみました。

さて うまく 大きな実に成長してくれると嬉しいけれど・・・。

4/20追記:murahさんより アケビの2種類の花は 雄花と雌花 と教えていただきました。

murahさん有難うございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

長寿梅

20050411tyoujubai 長寿梅 咲きました。昨年よりも少し遅い開花です。

名前が メデタイ ですよね「長寿梅」

梅と名前が付いているのに、木瓜(ボケ)の仲間だそうです。

ボケ の仲間で 長寿梅。(?_?)

木瓜はバラ科なので、長寿梅もバラ科植物と同じ手入れをしてあげています。

暖かい時期の根頭ガン腫病に注意。マイシン剤で予防。

植替えは 秋 に行う。

その他、詳しい手入れは後ほど記入します。

先ずは、花を楽しんで。

開花中は 花に水がかからないように 根水中心に水やり を行います。(花が早く傷むので)

管理等についての参考HP 旭盆栽 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

20050409to_sakura_ss(4/9 撮影)

櫻が満開。カメラ片手のにわかカメラマン(おっと失礼)を大勢見かけました。

私もその中の一人ですが・・・。(^_-)-☆

櫻は それ一本でも はなやかで 人をひきつけるのに充分。

きれいにならんだ桜並木も素敵ですが、

何気ない山里の こんもりした林の中にひっそり咲いている桜の風情が 

一番好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カワラヒワ

0408kawarahiwa あっという間に・・・ 油断していたら、さくらは満開になっていました。

水曜日出かけたときは、まだ3分咲き程度だったのに、暖かい日が続いたので、あっという間に満開。枝垂桜は開花時期が少し遅いので、まだこれから楽しめますね。

今日の空はうす曇なので、快晴の すっきり青空の日に 桜の写真を撮りたいと思いますが、それまで花がもってくれるでしょうか。

今日撮った写真を マイフォト「花」 に少しのせました。

am11:00頃 今年初めて 電線の上で鳴いているカワラヒワの姿を 見かけました。(上の写真)

お昼ごろ 今年初めて モコモコミツバチが アケビの花にやってきましたが、ミツバチ好みではなかったようで、すぐに他へ行ってしまいました。   

シジュウカラは、自然界に餌が少ないのか、今年はまだこの時期でもやってきます。

メジロは大好きな桜が咲いて、最近は全く姿を見せません。今年はもう冬になるまでやってこないでしょう。

先日 ヒヨドリがちょこっとやってきましたが、くちばしに花粉をいっぱいつけていて、くちばしが花粉で黄色くなっていました。ヒヨドリもメジロと一緒で甘いものが大好きなんですよね。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アケビ(五つ葉)

20050407akebi アケビが今年も花をつけました。

気のせいか 年々花数が少なくなっているようで心配です。

約10年ほど前にいただいたときは、大きな紫色の実がひとつ なっていたんですが、家へもらわれてきてからは、一度も実をつけません。

自花受粉はしないのでしょうか。

三つ葉のアケビがあると、結実しやすいと聞きました。

20050407akebi2

管理のしかたも手探りで、試行錯誤をつづけています。

植替え時期、用土、置き場、施肥・・・分からないことだらけです。

(ココログがバージョンアップされ、記事の編集もしやすくなったようで嬉しいです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

流れる画像 と 動く文字 2回目

前回 流れる画像 と 動く文字 を試しに実行したときは、記事全部が流れてしまっていましたが、今回はどうでしょう。

20050228_30

シジュウカラ オス20050219h  シジュウカラ メス20050104_s

───────────────────────────

ベーシックプランでもいろいろな事が出来るんですね。

shin_weblog(HPはこちらから)さんのブログを参考に、早速試してみました。

(トラックバックさせていただきましたので、よろしくお願いいたします。)。

流れる画像 と 動く文字 こんな風に遊べるなんて 楽しいですね♪

 (*^_^*)ニコニコ 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

流れる画像と・・・

昨日 UP した「流れる画像と動く文字」の記事は、全文が動いてしまい、原因場所を見つけるのに時間がかかりそうなので、とりあえず削除しました。残念!

いただいたコメントも一緒に削除されてしまいました。ゴメンナサイ。m(__)m

文字や画像を動かすための指示 marqueeの始と終わりが、一対になってなかったのでしょうね。
また 挑戦してみたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

球根日記 4/2

20050402 球根を植えつけてから約半年、
 何度も雪が降った厳しい冬を乗り切って、よく咲いてくれました。

 東京では桜も開花したとのこと。
 日々桜前線が北上してゆくことでしょう。

 昨年は、我が家の桜の写真を パソコンのデスクトップ画像に
 採用してくれた友人もおりました。
 今年も良い写真が撮れるとよいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »