« 恋するメジロ | トップページ | ガッテン!オリーブオイルの「?」 »

レシピ 手羽先と大豆の煮込み

手羽先と大豆の煮込み(原型的な方法)

【材料】 
大豆 2カップ ・・・5倍の水につけて一晩うるかす
手羽先 大なら6本、小なら8本・・・手指の部分を関節で切りはずし、塩をふる
玉葱 中1個・・・みじん切り(にんじん、セロリを用いるなら、同じくみじん切り)
・トマト450グラム・・・イタリア系トマトの水煮缶がおすすめ
・他に にんにく 1片、ロリエ 2枚、サラダ油 1/4カップ、塩 少々

【作り方】
①フライパンにサラダ油をたっぷり熱し、手羽先を美味しそうな焦げ目がつくように焼く。
この豆料理の味は、この手羽先の焼き方で決まるので、全面に美味しそうな焦げ目がつくようにし、焼けたものから順に、用意した厚手の煮込み用の鍋に移す。
②①のフライパンの余分な油を捨て、つぶしたにんにく、玉葱のみじん切り、月桂樹の葉を入れてよく炒める(にんじん、セロリを使うときは、同時に炒める)
③煮込み鍋の手羽肉の上に、炒めた②とうるかしておいた大豆を入れ、トマトを入れ、不足分の水分としてかぶる程度の水なり、スープなりを注ぐ火加減は煮立つまでは、10の火を5使い、煮えがついたら10の火を2くらいに落とし、しばらくあくをすくいながら炊く。
あくをすくい終わったら、アルミ箔で鍋全体を覆い、火をほたる火にして、静かに炊く(トマトの水分だけで、おそらく水分は充分と思いますが、途中でアルミ箔のふたをはずしてあくをすくいながら、もし水分が不足していたら補ってください)。
⑤豆が充分柔らかくなったらを加え、20分ほどたいて火をとめる。

この料理は、炊きたてより半日か一日たってたべるほうが美味しい。

「辰巳芳子のことことふっくら豆料理」より

塩だけのシンプルな味付けで、素材の味が生きた美味しい煮込みになりました。

|

« 恋するメジロ | トップページ | ガッテン!オリーブオイルの「?」 »

料理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59661/3158262

この記事へのトラックバック一覧です: レシピ 手羽先と大豆の煮込み:

« 恋するメジロ | トップページ | ガッテン!オリーブオイルの「?」 »