Bouquet of the Queen  2018.10  (10/30追記)

201810_w1100_110.29
(©Haandarbejdets Fremme ) 

Bouquet of the Queen 「女王様のブーケ」 

とっても素敵な花束が完成~!

と思ったら 右の葉っぱの一部が抜けてました(^^)/。

何度も見返して 大丈夫 と思ってフレームから外し
目盛りの仕付け糸も始末したのに・・・なんてこった。

ショックだdog

今月中にステッチ完成させて。。寒くなって来たので 編み物も進めなくちゃ。(10/29)

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

» 続きを読む

| | コメント (6)

秋の ホトトギス???  2018・晩秋

ついこの前まで暑い暑いと言っていたのに、この処 朝はめっきり冷え込んで寒くなりました。

明日は霜降 霜の降りる頃なんですね。

朝日を浴びて輝くアザミの花 あったかそう
201810hana_w600w600

少し前に 林の中でツツドリを見かけたので、その後も林の中を歩くたびに 出会いを期待していました。

ひっそり咲くトリカブトを 一株 見つけました。 
201810hana_w700w700

ベンチで休憩している時に 向こうから飛んできてくれたのは・・・♪

ヒヨドリかと思ったらちょっと違います。

201810hototogisu_w1270w1270

わっ ツツドリ!  (v^ー゜)ヤッタネ!!

201810hototogisu_w1100w1100

少し近くに来てくれた(^^)/
201810hototogisu_w1350_2w1350

可愛い表情してますね。

201810hototogisu_w1250w1250

葉裏にいる虫を探して上目遣い
201810hototogisu_w1300_2w1300

虫はなかなか見つからないようでした。
201810hototogisu_w1350w1350

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツツドリなどトケン類の見分けは難しいのですが、図鑑やWeb検索から・・・

・ツツドリは下尾筒に横縞があり 無いのはホトトギス

・ツツドリは 虹彩が橙色、ホトトギスは暗色

虹彩が暗色で、下尾筒に横縞が無い等の点から 

ホトトギス に決定 (違っていたら教えて下さい)

若鳥でしょうかね、しぐさがとても可愛いかった。

秋に見るのはツツドリが多いので、ホトトギス?だったら嬉しい。

動画を見ると 表情も幼鳥っぽくて ・・・ 可愛いです。

| | コメント (6)

河原にて② 秋ノビ 201810

夏は高原などで子育てしていたノビタキ、
南へ渡る途中 近くの河原で見る事が出来ました。

3~4羽の小さな群れで、花の先端に止まり蛾や小さな蝶などゲットしていました。

胸のオレンジが夏羽の面影を残しているかな?
201810nobi_w1150w1150
全長 13cm    体重 10g

低い場所でちょっとお休み
201810nobi_w750w750

枝先に止まり 右に左に発進して 獲物getしてきます。
201810nobi_w1250w1250

風に揺れる枝先では・・・オットット・・・バランスをくずしそうになって201810nobi_w800w800

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

野鳥のいる風景写真が好きなので ノビタキのいる風景を・・・

セイタカアワダチソウと

201810nobi_w1300_2w1300

コセンダングサと・・・
201810nobi_w1350w1350

コスモスが写り込む位置に来てくれた(^^)/
201810nobi_w1300w1300

立ち位置をずらしてコスモスとノビタキを重ねて写してみました(^^)/
201810nobi_w1400_3w1400w

ピンクのコスモス 良い色合いで咲いていました♪201810hana_w1000w1000

ノビタキはあまり近くに来てくれませんでしたが、
遠くのノビタキの可愛い動きをウオッチングするのも楽しかったです。

続く・・・

|

河原にて①  秋の蝶 2018・10

河原にノビタキが来ているとの事で出掛けてみました。

河川敷はセイタカアワダチソウやセンダン草・ススキなどに埋め尽くされています。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

河原の 秋桜  こういう昔ながらの色のコスモスは安らぎます
201810hana_w800s

主役を待つ間 花に来る蝶々ウォッチング。

きれいな青色がちらちら見えて気になる・・・ 
写して確認すると ウラナミシジミでした。 

もともとは熱帯・亜熱帯に分布していて
春から秋にかけて温帯域に分布を広げるとの事

 こちらでは秋になるとみられます。

秋の蝶 ウラナミシジミ♂
201810cho_w1000_2

日当たりの良い草原に生息。

201810cho_w1200_2

後翅に メタリックなラインがありますshine

201810cho_w1150

201810cho_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

その他には・・・

ヤマトシジミ♂  ウラナミシジミより小さくて春~ずっと見られます
201810cho_w1000

ツマグロヒョウモン♀ 
201810cho_w1300

モンキチョウ
201810cho_w1100_2

キタテハ
201810cho_w750

イチモンジセセリ
201810cho_w1200

薄曇りのお天気で陽射しも弱かったけれど、けっこう見られるものですね。

  ★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

イチモンジセセリが吸蜜していた薄紫の可愛い花は 

アレチハナガサ 南アメリカ原産の帰化植物で、草丈1~2mの多年草 
           河川敷や道端で見られるようです。
201810cho_w1000_3

続く・・・

|

鳥見散歩 10月上旬

曇天続きの10月です。

お天気がぱっとしないので もっぱら近所をウォーキング、
鳥見散歩はあまり行ってませんが、
嬉しい出会いもあったので 記録までにUPです。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ツリフネソウ   長い期間楽しませてくれました。
201810hana_w1100

雑木林に 小さな野鳥たちが戻って来たようで、カラ達の混群に出会います。

エナガは今季初撮り やっぱりキュートhappy01
201810enaga_w1300

渡り途中の鳥が カラ類と一緒に行動しているから 混群はよく見た方が良いですよ!

そう言われて よくよく探してみたら渡り鳥が混じっていました。

 

多分センダイムシクイだと思いますが・・・ 嬉しい出会いです。

201810musikui_w1080

キビタキ♀  黄色いオスもいたとの事(^^)/
201810kibi_w1200

 

アオゲラかと思ったら

ツツドリ  一瞬姿を見られただけで林の奥へ行ってしまった201810tsutsu_8w1060

どれも良い写真は撮れなかったので
この秋の証拠写真までに・・・

|

池のカワセミ 2018秋

きょうは曇の広がる空模様で肌寒いくらいでした。

先日の事
公園の池に寄ってみると カワセミがいて、水に飛び込んで魚とりfish 

時には小さな魚をくわえて上がって来たリして、

しばしカワセミの漁に見とれていました。 

飛び込む前
201810kawasemi_w1024

飛び込んで 水から上がって来た所 背中が綺麗ねshine
201810kawasemi_w900

時間がありましたらムービ-もどうぞ・・・背景があまり美しくないのがチョット残念ですが、何度も飛び込んでいるのが写っていたので動画編集してみました。

| | コメント (8)

«エゾビタキ 2018・秋