高原で鳥見 ① (2018.05)

連休の一日 夏鳥に会いに出掛けました。

「今年は桜の開花が早く葉の茂るのも例年より早そうだ」との
現地からの情報だったので連休後に行く予定を変更し、、
昨年よりも 1週間早めてレッツゴーcar

201805w1100
渋滞にあわぬよう早朝に出発、快適なドライブcardashdash
予定通りの現着scissors

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

2つある沢を巡りましたが、
今回は一つ目の沢での出会い(写真は 出会った順にUP)

一番は オオルリ でした。
1ooruri_w800

2ooruri_w900  
オオルリはすぐに行ってしまい良い写真が撮れず 残念。

ヤブサメは近くで営巣中との事 落ち葉の色に紛れて見つけにくい
3yabusame_w700

カラ達も元気

ヒガラ
4w1100

センダイムシクイも巣材をくわえていました。
5w1000

巣材を探して・・・
7w1050

8w1120

キビタキが縄張り争いで飛び回り賑やかでした。 
10w1050

二羽でバトルを繰り広げてます。

上の写真を少しUPで
10w400
威嚇してるのかな?
尾羽や羽を広げていて とても大きく見えました。 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

コルリの声が良く聞こえていたので姿を探しながら待ってると
足元の沢に下りて来ているのを 他の人が見つけてくれました(^^)/サンキュ

コルリ  くすんだ瑠璃色と真っ白な胸 きれい。
11w1100

11w1000

リス 姿が見えたのでカメラを向けたら尾っぽが辛うじて写ってました。すばしっこい。枝の上を移動する姿は可愛かった♪
12w400
ここでは初めてみました(^^)/

カケス もここの常連さん
13w1330

1本目の沢沿いでの鳥見でした。   --- 続く ---

| | コメント (6)

嬉しい出会い 4月

20180401_w1050

ミツバツツジ                   0401

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

4月は いろいろと忙しく ブログの更新もままならず。

印象に残った出会いをアップしました。

オツネントンボ (越年トンボ) 初見 

20180412_otsunenw1150
イトトンボの一種   大きさは 35-41mm

成虫で越冬するトンボが3種  
(オツネントンボ・ホソミオツネントンボ・ホソミイトトンボ )

そのうち、一種だけ未見で気になっていましたが、今月 林道を歩いていて出会えました。

地味なトンボですが、ここにいる事が分かって嬉しいです(^^)/ 

オツネントンボは 前翅と後翅の縁斑がずれているので見分けられます。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

トラフシジミ 美しい翅表にハッとしてgoo (^^)/

20180410_trafw1050

蝶の翅の色は構造色なので見方により色が異なります。

後ろからだと・・・色がよく分からないけど・・・
20180410_traf_w1090

少し飛んだ先の翅色の美しさにハッとしました(^^)/20180410_traf_w1060

20180410_w1030

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

エナガの雛たち 

今年は エナガの巣3カ所をウオッチングしていましたが、巣立ちには立ち会えませんでした。 エナガのおしくらまんじゅうは今年も見られず、来季の課題となりました。 

でも皆 無事に巣立ったようで良かったです。

0421enagaw1250

幼鳥は瞼が赤い
20180423enaga_w9502

20180423enaga_w1100

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

キビタキ 今年も美しいさえずりを林内に響かせています。

20180423kibi_w900

20180423kibi_w1200

中旬からはキンランがあちらこちらで楽しめました。

0421kinranw750

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

・・・ オマケ ・・・ 

渡り途中のコマドリ が2週間以上の長期滞在中
姿はなかなか見られませんが 声だけでも嬉しいものです。

音声のみの動画ですが 時間があったら ヒンカラカラカラ 聞いてみてください。

| | コメント (6)

山笑う頃 マヒワ来る 2018

桜が咲き 木々も芽吹いて あっという間に「山笑う」頃になりました。

今年は早いですね

ヤマブキも咲いています。
201804yamabukiw900

ミズキの新芽  天に向かってパッと開く姿がいいです。
201804mizukiw900
春の光を目いっぱい浴びて気持ち良さそう

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

林の中で 小川におりて行く野鳥が目に入りました。

水から上がるのを今か今かと待っていると あがって来たのは マヒワでした♪

マヒワは冬鳥ですが、春にも見かける事が多いです。

雑木林の落葉樹の新芽を目当てにやって来るようです。

6~7羽の群れで天辺付近の新芽をついばんでいました。
201804mahiwaw1050_1

マヒワ メス   雄に比べ地味ですが どこか愛らしい。
201804mahiwaw900

黄色いのはオス 春の陽を浴びて色が鮮やかでとっても綺麗shineshine201804mahiwaw1200_2

201804mahiwaw1050_2

201804mahiwaw1300
オスも可愛いですね(^^)/

 

オスメス同じ枝に止まってくれました。
201804mahiwaw1400

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

飛んでるのが写っていたので2枚組み合わせてアニメーションに

↓ クリックすると 飛びます~

W400

春の嬉しい出会いでした♪

| | コメント (10)

ミソサザイの囀り 201803

201803kisekirei_w900
夏羽のキセキレイ  ガングロです。

ギフチョウの里のキセキレイ 今年も同じ民家の屋根で見られました。
多分 ここで子育てしているんでしょうchickchick

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶を撮影中に 背後の沢から威勢良いさえずりが聞こえて来ました。

ちょっと巻き舌っぽくドゥルルル どこかで聞いたことある声

flairあっ ミソサザイ! と気づいた瞬間 蝶は後回しで とりあえず録音、

その後 そっと沢をのぞき込んでミソサザイの姿を探しましたが
次に聞こえた時は 声は遠くなっていました。

録音した声に 蝶の写真など重ねてUPしたので ご興味がありましたらどうぞ・・・(27秒)

どうか 音量は控えめに

|

ギフチョウ動画 &スギタニルリシジミ他 2018.03

ギフチョウが梅の花で長い事吸蜜中でだったので 動画を撮ってみました。

ウグイスの声も入っていて良い感じだったのでUPします。

気が向いたらご覧ください。最後の飛び立つ瞬間はスローモーションにしましたが、動きをとめきれません。素早いんですね。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

桜などはまだでしたが早春の花が見ごろでした。 

アブラチャン?
201803hanaw900
沢沿いには黄色い花があちこちで見られました。

W1200_69918
エイザンスミレはやっと咲き出したところ。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ギフチョウ以外の出会いは・・・スプリングエフェメラルの蝶 2つ とタテハチョウ

 スギタニルリシジミ
201803sugitaniw910

沢山のスギタニさんが飛んでいました。

トチノキやキハダなどの花や蕾をたべるため
山地性の蝶なので 出会えると嬉しい

 ミヤマセセリ
201803miyamaw1000

ここでは 沢の方から威勢良いミソサザイの声も聞かれました。

思いがけずミソッチの囀りを聴けて ラッキーでした。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

冬を越したタテハ蝶たちも出て来ました。暖かくなって良かったね。

 ヒオドシチョウ 電柱で日向ぼっこ
201803hiodoshi_w680

201803akaw970
翅裏に見られるブルー 翅表でも見られるのかと思ったら

翅表では見られないんですね。
201803aka_w1200

 アカタテハ
20180329akaw1400
白い梅林に アカタテハの紅色が美しかった。

※続くので コメント欄は閉じています。

|

ギフチョウ 2018

去年はタイミングが合わず見に行けなかったので、例年より少し早めでしたが、隣県の生息地を訪ねました。

毎年ギフチョウが吸蜜する桜はまだ咲いていなくてがっかり。

その代わりに 梅の花が見ごろでした。

梅林でギフチョウを探すと すぐに1頭 あらわれ
梅の花と一緒に撮る事が出来ました♪    

201803_gifuchow1400
ギフチョウ((岐阜蝶)  開長 約 5-6.5 cm
  ・日本固有種  
  ・学名 Luehdorfia japonica アゲハチョウ科・ウスバアゲハ亜科

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

梅林には白梅と 少しピンクの梅の花がありました。

ギフチョウは 少しピンクがかった梅の花によくやって来ていました。

201803_gifucho_w1000

201803_gifucho_w1000_1

梅林にいたのはこの1頭だけ
201803gifucho_w1100

飛んでるのが写っていました。(フレームアウトぎりぎり)201803_gifucho_w1000_2

この後 梅林の奥に飛んでしまい出てこなかったので場所を移動。

草地の陽だまりで咲くスミレを撮影していると・・・♪

201803gifucho_w1250_1

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Wikipediaより・・・
ギフチョウは日本の里山に生息する日本固有種、
近年は 里山の放棄や開発により個体数の減少が著しい

| | コメント (10)

«高遠の・・・ 2018.03