大青蜂 2016.08

20160827ooseibo_w1200

先日 美しい蜂を見る事が出来ました。

花から花へ忙しく飛び回る蜂、撮るのは難しく・・・

待つ事 ○時間('◇')ゞ やっと撮影チャンスが来ました。

上の写真をトリミング
20160827ooseibo_w10002
オオセイボウ(大青蜂) 
 体長 15mm前後 
 見られる時期 6月~10月

瑠璃色やエメラルドグリーンに輝いて 宝石のようshine 

美しい蜂がいるものですね~happy01

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

お尻は紫
20160827ooseibo_w1024

20160827ooseibo_w1000

20160827ooseibo_w1070

20160827ooseibo_w12002

3年前にオオセイボウを知ってから 
私もいつか出会いたいと思っていましたが やっと叶いました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湿原の花と蝶

標高約1632mの高層湿原では、標高が高いので 
お花たちも 一足早く 夏から秋へ移り変わってるようでした。

期待した花や蝶等の予想が外れてしまいましたが、
それでも 精一杯夏を謳歌する湿原の花たちに
元気をもらい癒されました♪ 

20160824_w900

ツリガネニンジンとヤナギラン
20160824_w600

可愛い ナンテンハギ   アクセサリーになりそうね♪
20160824_w850nanten

ハバヤマボクチ  地元で見られるのは オヤマボクチ でした。
20160824_w1100_2bokuchi

マツムシソウ
20160824_w930matsumusi

山地の湿地で見られる イワアカバナ 
20160824_w800iwa

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

sun陽がさすと蝶も出て来てくれました♪

ヒョウモンチョウ?  指どまり(^^)/ ミネラル補給でしょうかね
20160824_w1100_1
コヒョウモンも飛んでましたが、
ヒョウモン・コヒョウモン 見分けがややこしくギブアップ

ヒメシジミ♂ ?   
20160824_w1100hime

20160824_w1150hime
ヒメシジミ♀

シジミチョウも見分けが難しいですね、
名前違っていたら教えて下さい!

青い筋が目をひく ヘリヒラタアブ 
20160824_w1260herihirata

写真がイマイチと名前調べとでUPが遅くなりました。人( ̄ω ̄;) スマヌ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の湿原にて 2016.08

前回の続きです。

湿原では 蝶や花との出会いを期待していましたが、
前回(2年前)と違って 花もあまり咲いてなくて・・
花が無ければ蝶も来ない・・・ ちょっと時期が遅かったかもdown

それでも 木道を歩いていると ウグイスは綺麗な声で鳴いてくれるし 風もヒンヤリ涼やかで気持ち良く歩けます。

湿原を眺めていたら 草地を飛びまわる小さな野鳥に気づきました。

双眼鏡でチェック!    ノビタキ でした(^^)/ヤッタネ 

木道からは 15~20メートル離れていて遠くて camera難しい

20160818nobi_w1368b
    ノートリ     背景のピンクは ギボウシ?

 口に虫を咥えていますね ・・・  

後を追うと・・・

雛が二羽 大きな口を開けていました。
20160818nobi_w1200

この後も 親子の微笑ましいシーンを沢山見る事が出来ました。

20160818nobi_w1368

上の写真をトリミングしてみますね。
20160818nobi_w1000

20160818nobi_w920
幼鳥は 尾羽が短くて羽の色も茶色っぽい、これも保護色かも

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

真っ黒な夏羽のノビタキ♂  一度だけ近くへやって来てくれました。

20160818nobi_w1250

せっかくのチャンスだったのに 焦ってピンボケ量産( ̄Д ̄;;

20160818nobi_w950
喉のオレンジがカッコイイ 

20160818nobi_w1090

20160818nobi_w1350
シシウドに・・・

ヤナギランにも来てほしいなぁ~ の願いかなわず20160818nobi_w600

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

こちらでも子育て中のホオアカが 見られました。

ノビタキやホオアカは湿原を代表する野鳥ですね。

特に 今回は 夏羽のノビタキをゆっくり見られて 良かった~♪

・・・Lastに 続きます ・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夏の高原にて 2016.08

お盆休み前 爽やかな風を求めて 長野県の高原へ出かけて来ました。 cardash

草原をぬって走るビーナスラインは なだらかな草原の
素敵な景色が広がっているので
最初は 「ドライブをメインに行こうね~」と話してましたが、
着いてみたらやっぱり cameraメインに・・・('◇')ゞ

車を降りると 渡る風はヒンヤリ心地よく、別世界ヽ(´▽`)/

Img_2078w750
さわやかな風が吹き上がって来ます♪

ニッコウキスゲは もう終わってましたが、色々な花に出会えました。 

20160813_w1000
コオニユリ 花期:7~8月

鹿の食害対策でロープが張られ、貴重な植物が守られています。

ここのナデシコは 花色が濃くて綺麗 と思ったら 
カワラナデシコとは別の エゾカワラナデシコ だった。  
20160813_w1000_2
エゾカワラナデシコ は、
  花がやや大きく,色が鮮やかな傾向があるとの事。
  本州中部以北,北海道に分布 
  カワラナデシコとの見分けは苞の数
   カワラナデシコは苞が3~4対、エゾ・・・は苞が2対
       「植物図鑑・撮れたてドットコム」参考

20160813_w900
ウメバチソウ 花の大きさは 2cmほど  花期:8月  
         花が梅に似ているところから名付けられました 

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

風に揺れる穂先に野鳥が・・・ヽ(´▽`)/ ♪
20160813_w1600

ホオジロの仲間  ホオアカ でした。 

穂先にいるのが 幼鳥のようで、左下に親鳥!

ホオアカ幼鳥
20160813_w1368

20160813_w1300
ホオアカ 成鳥 全長15-16.5cm 

地元ではいない野鳥がいてくれて、
やっぱりcamera メインになっちゃいましたね('◇')ゞ

さぁ 次のポイント 湿原へ cardash    --- 続く ---

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チョウトンボの公園から 続き

大分 間が空いてしまいましたが 蝶蜻蛉の公園から 続きをUP

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

みんなの広場では秋のコスモス畑の準備中でした。

ここに来ると 空も芝生も広々してて ほんと 気持ち良いです(◎´∀`)ノ

20160805_w800_3

20160805_w650

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

チョウトンボが飛び交う池では カイツブリも見られました。

池の中の石の上で羽をパタパタ  どうしたのかな?
・・・とよく見ると 体の下に白い卵が5個くらいみえました。

卵に風を送って少しでも涼しく・・・というr知恵なのでしょうね。 

梅雨明けた真夏の炎天下 日蔭も無い暑い場所で子育ては大変
卵は大丈夫なのか ちょっと心配になりました。

20160805_w1100

20160805_w11002

時々水につかって 餌探しのあと、また巣に戻り風を送っています。

羽をパタパタさせているカイツブリは 見た事が無かったので
動画撮りました。 

カイツブリ 炎天下に頑張っていますsweat01

mailto 後日 公園に行った友人から嬉しい知らせがあり

   雛が孵り 親と一緒に泳ぐ可愛い姿が見られたとの事♪

   孵ってすぐが一番かわいいですよね♪chickchickchickchickchick

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

カワセミ

バードサンクチュアリでは カワセミも見られました。

観察窓からのぞくと ちょうど 杭の上にカワセミ!

池の中へダイビングしては お魚をくわえて戻ってきます。

お見事! 胸の色がくすんでいるので若いカワセミのようです。

20160805_w900_1

20160805_w750

20160805_w900_2

20160805_w870

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

20160805_w700

キキョウの盆栽が涼しげでした。   -- 盆栽園にて --

| | コメント (8) | トラックバック (0)

«蝶蜻蛉 2016