湿原の花 黄色系

木道を歩きながら 花や蝶や野鳥など・・・いろいろ撮りましたので、
花の写真をそんなに撮ったつもりはなかったのですが、整理したら
なんと種類の多い事、 へぼ写真ばかりでUPに迷いますsweat01

湿原を 1/3周しただけですが、
前回の赤色系の花は 15種、今回の黄色系は  12種ありました。

さすが 野草の宝庫ですね♪ 

一覧できるように 黄色系も コラージュしてみました。

Hanay_1600

オオダイコンソウかダイコンソウか迷いました。

その他のも名前が違っていたらごめんなさい。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

私にとっての珍しい花や好きな花などを ピックアップしてます。 

 コオニユリ(小鬼百合)  朝陽に透けてい~い感じ♪
201708kiri_y_w750
ユリ科ユリ属の植物

木陰に咲くコオニユリ 反り返ってる花びらの様子がよく分かります。
201708kiri_y_w950_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

地元の公園にも咲いている花 2種

 クサレダマ (草連玉) サクラソウ科オカトラノオ属の多年草
201708kiri_y_w1000_4
地元では梅雨の頃に咲きます。

 コウゾリナ (顔剃菜、剃刀菜)  キク科の越年草.
201708kiri_y_w950
タンポポみたい!

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜   

こちらは日本固有種 

 フシグロセンノウ(節黒仙翁)
201708kiri_y_w1000_5
ナデシコ科センノウ属の多年草。  日本固有種
本州・四国・九州の山地の林下などに自生

201708kiri_y_w950_3

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜ 

 キバナノヤマオダマキ(黄花の山苧環)
201708kiri_y_w1100
・キンポウゲ科オダマキ属の多年草
・ヤマオダマキの黄色一色の花を咲かせるもの。

 

 キンバイソウ (金梅草)  キンポウゲ科の多年草
201708kiri_y_w900

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

初見の花 3種

 オオダイコンソウ
201708kiri_y_w1050
いつも見るダイコンソウとちょっと違う気がしたので 
オオダイコンソウで合ってるかな?

 キオン(黄苑) キク科キオン属の多年草
201708kiri_y_w900_2

 メタカラコウ (写真ピンボケでゴメンナサイ。記録として)
201708kiri_y_w400(雌宝香)
・キク科メタカラコウ属の多年草
・本州、四国、九州に分布
・山地や深山のやや湿った草地、林縁に自生する。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

まだまだ続く・・・ので コメント欄は閉じています。

| | トラックバック (0)

湿原の花 赤色系

高原の素敵な景色をカメラに収めてから 

 cardash 4.5kmほど先の湿原へ 向かいました。

201708_kiri_w650

ここは 
長野県のほぼ中央にある霧ヶ峰高原(標高1540m~1925m)の北西部に位置し
総面積は43.2ヘクタール、泥炭層は8.05mに達しています。 

12,000年前に誕生した湿原一帯は自然豊かで、山野草の宝庫です(^^)/

201708_kiri_w1000_3

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

ヒンヤリ爽やかな空気に包まれて木道を散策、

立秋過ぎていましたが まだ沢山の花が見られて やっぱり来てよかった!

今の時期は なんといってもこの花ですね。  

 ヤナギラン  アカバナ科ヤナギラン属の多年草
20170810_56981w750

20170810_56578w700

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

小さな花 

 クルマバナ     シソ科トウバナ属の多年草
201708_kiri_w1070

20170810_56990w1050

 

 イワアカバナ    柱頭が球状
20170810_57258w900
アカバナ科 アカバナ属

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 フウロソウ 

ここで見られるのは アサマフウロ・ハクサンフウロ・タチフウロ

愛らしい花で大好きなので つい撮ってしまうのですが、
見分けがさっぱりわからないので フウロソウの仲間 と言う事でsweat01

201708_kiri_w1000_2

201708_kiri_w1000

201708_kiri_w1050

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 アカバナシモツケソウ  バラ科シモツケソウ属の多年草
201708_kiri_w1025

分布:本州の中部地方、関東地方
    亜高山帯から高山帯の草原や稜線などに自生

この花も大好き♪ ちょっとUPにしてみました
201708_kiri_w970

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ヤマホタルブクロ   
201708_kiri_w500
ホタルブクロとは額片で見分けるとの事

 チダケサシ    ユキノシタ科の多年草
201708_kiri_w600

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

 ハバヤマボクチ(蕾)   花は 臙脂系
20170810_56896w1050

・キク科 ヤマボクチ属の多年草  
・分布:福島県以南の本州・四国・九州

 

 ノハラアザミ   キク科アザミ属の多年草
201708_kiri_w1050_2

他の赤色系の花は ノアザミ・吾亦紅など咲いていました。 

(今週は お天気がスッキリしないので、花の写真を小出しにする事にしました('◇')ゞ)

時間がありましたら また お立ち寄りください。

※ 花の名前など違っていたら教えて下さい。

» 続きを読む

| | コメント (5) | トラックバック (0)

今年も高原へドライブ 2017.08

201708_w650

梅雨があけたらドライブがてら信州へ・・・と予定してました。

しかし 梅雨の戻りや台風などで現地のお天気が安定せず
立秋過ぎてやっと 出掛けました。 

家を出るときは霧雨が降ってましたが、
sun「現地は晴れ」 の天気予報を信じて ゴーcardash 

雨脚はだんだん強くなりホントに大丈夫?と心配になりました。

笹子トンネルを過ぎると 路面は乾いてました、降ってないんだね~(^^)/

韮崎からは左手の南アルプスが稜線まで良く見えるも 
その先 右手の八ヶ岳は雲の中

進行方向の空も 厚い雲

 
雨の中の散策も覚悟してましたが、
現地は抜けるような青空で とても良いお天気でしたhappy01

201708_w1200

201708_w900
(霧ヶ峰高原)

花めぐりと鳥見・ビーナスラインでのドライブ等楽しんできました。

写真は整理出来次第UPします。

(🐢カメ更新かも・・・ながーい目でみてね('◇')ゞ)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

今年のサンチャン 2017.07

今年のサンコウチョウのまとめ

初夏から時々 ウオッチングしていたエリアで・・・

★ 山道の2か所で 巣材集めするペアが見られるも 
   巣の場所は奥まっていて 見る事は出来なかった。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

★ 沢沿いの林道では・・・

毎年 見やすい場所に巣作りしてくれるのですが、今年はなかなか見つけられない。

6月後半に やっと巣の場所が分かり、営巣や抱卵の様子を林道の行き帰りにチェック。

巣材集めする雄のサンコウチョウ
201706san_w900

201706san_w1260

201706san_w1100

ホバリングしながら 枝に絡みついた巣材を引っ張っている!

201706san_w900_2

201706san_w890

7月初旬 そろそろ雛が孵る頃と楽しみにしていたら 親が戻ってこなくなった。

何があったのか分からないけれど 巣を放棄したもよう。

他のエリアでも 巣が2か所 カラスの被害にあったと聞かされ
自然の出来事とはいえ とても残念。 

その後も サンコウチョウの姿が見られたので、
再度巣作りを始めないかと期待するも 
日に日に 出現回数も減り 巣作りは期待出来そうにない・・・
今年の夏の楽しみも 終わりが近い事を実感。 

そんな時 サンコウチョウ親子と出会いました♪

虫を咥える♀の向かった先には・・・
201707san_w1400
葉っぱに隠れるようにして雛がじっとしていました。

口を大きく開けて アピール  「チョウダイ!」
201707san_w1050
いつ巣立ったのか、 尾もだいぶ伸びて しっかりしてきてますね。

お父さんも頑張ってましたよ~!
201707san_w1300_2

このファミリーに出会えて 今年のサンコウチョウウォッチングは
とても嬉しく終える事が出来ました。 

--- The end  ---

PS.今年初めて サンコウチョウの水浴びを見られました。

「水浴びは ほんの一瞬、水に飛び込んだと思ったら シュツと出て来ちゃう」
ホントに みんなが言ってる通り すばやかった。

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

サンチャンの林道で 

201707hana_w900

虫を咥えたキビタキ 近くの草地に隠れている雛へ・・・dash
201707kibi_w1180

201707kibi_w1200_2

茶色い羽毛が残る若いキビタキ  7月になっても囀っていた
201707kibi_w1200

オオルリ  珍しく低い場所で囀ってくれました♪
201707ooruri_w1300

| | コメント (0) | トラックバック (0)

7月の林道から 黄色い花等

7月中旬 裏高尾の林道へ 夏の花や蝶を見に出かけてみました。

峠まで出ると高尾山にも行けるのですが、カメラが重いので途中まで('◇')ゞ

沢沿いを約2キロ、往復4キロほどの距離をのんびり歩きました。

しばらく歩くと サンコウチョウの声 ・・・ ここにもいるんだ!

さらに進むと オオルリの声・・・ note

声をたよりに探して やっと青い鳥が見つかりました。

 オオルリ 
201707ooruri_w1180

クロツグミの声もすぐ近くから聞こえて来ますが、全然出て来てくれません。

オオルリとクロツグミ2羽の声を録音、時間があったら 聴いてみてね→(46秒)

その他キビタキやイカルの声も聞かれましたが、見られたのはオオルリだけでした。

帰り道でも 元気よい声を聴かせてくれた♪
20170713_56323w1300

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

蝶では・・・

◆ カラスアゲハ(ミヤマカラスアゲハ?)
201707cho_w1300

◆ サカハチチョウ 夏型
201707cho_w800

シャッター押した瞬間に飛び去ったので 撮れたのはこの2枚201707cho_w800_2

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

林道の花たち

◆ タマアジサイ
201707hana_w1024

◆ ショウマの仲間
201707hana_w1000

◆ ハエドクソウ
201707hana_w1260

蠅毒草:この植物全体に有毒成分があり、根をすりおろしたり、
煮詰めた汁でハエ取り紙をつくるのに使われていることに由来
(wikipediaより)

◆ ハグロソウ  本州(関東地方以西)、四国、九州に自生
201707hana_w1160

<< 黄色い花 3種 >> 

◆ ミツモトソウ 初見  山中の渓流のそばに生育する
201707hana_w1050
 ミツモトソウ(水元草、学名:Po tentilla cryptotaeniae)
 バ ラ科キジムシロ属の多年草。別名 、ミナモトソウ

◆ ヤマキツネノボタン  
201707hana_w1100
山地の湿気のあるところに生える

◆ ダイコンソウ
201707hana_w980

201707hikage_w60007.13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«夏の主役 2017.05-06